タイ好きおやじTAKA49の日記

海外旅行のために仕事をがんばるエロサラリーマンの日常

2017年4月 タイ旅行 2日目(4月29日)

1.パタヤ活動開始 ダトマスゲストハウス→ランドリー

パタヤに着いて寝たのが朝方6時。

それでも、9時頃には目が覚めて、さっそく、パタヤでの活動を開始する。
まずは、洗濯物を出しに行く。ここダトマスゲストハウスからランドリーを目指す。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521141837j:plain

このダトマスゲストハウスを予約する際に、ランドリー店が近くにあることは、グーグルストリートで確認済み。一応、受付のおばちゃんに聞いてみると、その方向を指さして、「すぐそこだよ」とのこと。

 

 

f:id:fatmantaka:20170509222434j:plain

f:id:fatmantaka:20170521142246j:plain

すでに、外はけっこう暑い。30度は超えてる感じ。でも、タイに来たって実感する。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521142247j:plain

f:id:fatmantaka:20170521142248j:plain

ランドリーはダトマスゲストハウスを出て、ソイブッカオ方向へ徒歩1分の左手にあって、二人のおばちゃんが、ニコニコして、迎えてくれた。「アイロンする?それとも普通にキロいくらでやる?」と聞かれたので、キロいくらでまとめてやってもらうことにする。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521142251j:plain

計ったらちょうど1キロ、料金は50Bとのこと。後払いでいいらしい。

「じゃあお願いね!」と日本語で言ったら、わからないはずなのに、「OK!」と元気に答えてくれた。実に面白い。

 

 

2.ソイブッカオの薬局で下痢薬購入

f:id:fatmantaka:20170521142252j:plain

f:id:fatmantaka:20170521142253j:plain

ソイハニーのランドリー店からソイブッカオに向かう。

ソイブッカオへの出口付近に2軒ほど、エロマッサージがあり、こんな時間からもう営業しているようだ。「マッサー?」というプーイン達の誘いと熱視線を感じながら、「また後でな」と言いつつ、通り過ぎる。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521142254j:plain

f:id:fatmantaka:20170521142255j:plain

f:id:fatmantaka:20170521142256j:plainソイブッカオに出て右に曲がり、すぐ右手にあった薬局へ入る。いつも、タイに来た時は、まず、下痢の薬を念のため買いに行く。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170509222429j:plain

f:id:fatmantaka:20170509222430j:plain

前に、スクンビット通り沿いにあるBLEZ薬局で買った腹痛薬のセットを見てもらい、「ヤーク スー ヤー トンシア。ミー ムアンカン マイ?(下痢の薬を買いたい。同じものある?)」と聞いてみると、同じようなものを出してきてくれた。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521144212j:plain

f:id:fatmantaka:20170521144213j:plain

全く同じではないが、下痢止め・抗生物質・水分補給粉ジュースのセットということなので、買うことにした。これで、現地タイ料理を、少しは安心して食べられる。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521142258j:plain

ちなみに、対応してくれた女の子と一緒に記念撮影を頼んでみたが、拒否された。マイペンライ

 

 

3.ソイブッカオの名無し食堂でキンカオ

f:id:fatmantaka:20170521142259j:plain

空腹で、何か食べたい。とりあえず、その薬局から、ソイLKメトロ方向へ歩く。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170509222443j:plain

ソイLKメトロ出口の道向かいぐらいにある「名無し食堂」に入る。行列ができる有名店らしいが、時間が早かったのか、待つことなくテーブルに着けた。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521142300j:plain

f:id:fatmantaka:20170509222438j:plain

カオマンカイ40Bを注文。う~ん、あまり美味しいと感じない。ジューシーさが足りないんだよね。なかなか、美味しいカオマンカイにめぐり合えない。店内は、ファランが多かった。

 

 

4.ソイブッカオの安いマッサージ店

f:id:fatmantaka:20170509222445j:plain

そこからは、モトサイでソイブッカオのパタヤカンぶつかりあたりまで行き、安いマッサージ屋でタイマッサージを受ける。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521164712j:plain

名前はAちゃん、小太りだが割とかわいらしい顔の子だった。1時間を30分延長し、150Bでチップ100Bあげといた。当然エロの誘いなどなかった。ライン交換しなかった。

 

 

5.ソイブッカオの床屋で耳かき体験「ENJOY BARBER」

f:id:fatmantaka:20170509222452j:plain

次は、4軒左隣の床屋だ。店の名前は、ENJOY BARBER。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521164713j:plain

メニューにはないが、「耳かきできる?」ってジェスチャーで聞くと、ニコニコして「ダーイ」とのこと。名前はTちゃんで、小綺麗なおばちゃん、お姉さんかな、至福の時間を味わせてもらった。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521164714j:plain

ミニスカートからの足がエロきれいだった。時間は20分ぐらいだったかな?100Bでチップ100Bあげた。ライン交換あり。

 

 

6.ソイチャイヤプーンのエロマッサージ「Amon Massage」

f:id:fatmantaka:20170509222456j:plain

そこから、ソイブッカオを、とことこ歩いて、ソイハニー付近まで戻り、有名らしいソイハニー入口のエロマッサージ店2軒は横目で見ながら通り過ぎ、そのまま、ソイチャイヤプーンに突撃。ここも、エロマッサージで有名なソイ。

ソイブッカオから入ってすぐの右側で2軒目にあった「Amonマッサージ」、外から見て、女の子の着てる服がエロいから普通のマッサージではないことは明らかだし、可愛い子が多いように思ったから、ここに決めた。

店の前のカウンターでとりあえずコーラをたのむと、ママさんみたいな人が、「気に入った子がいたら選んで私に言ってね」と言うやいなや、「はい!みんなこっち向いて顔を見せて上げて」の声に、みんな5,6人が一斉に俺を見た。その中で、ちょっと、浅黒いけど可愛らしい子がいて、その子を選んだ。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521164715j:plain

f:id:fatmantaka:20170521164716j:plain

すごく、嬉しそうに迎えに来て、「アイ テイクケア ヌンチュモン ナ。けっこう、日本人から指名されるんだよ」って言ってた。名前はSちゃん、チェンマイ出身の20歳だ。

一応、オイルマッサージを最初に形だけして、値段も聞かずに流れでブンブンに移行。何でもありの感じで、シャワーも浴びずに、生オム、Dチューブ、ヒー攻めで彼女1回逝き(多分演技ではない)、オムリアガン、コンドーさん装着からFINISH。すごく濃い時間だった。

隣のカーテン越しではファランが女の子をアンアン言わせている。自分は本番の持ち時間が基本短いため、うらやましいなと思う。いつも自分が先に逝かされてしまう。

値段はオイルマッサージ200B、ブンブン1,000Bとのこと(安いぞ~)。

「よかったら、明日も来て、私をどこかに連れてって(聞いたことのあるフレーズ)」と言われたが、できない約束はしたくないので、「マイネーチャイな~」と答えておいた。

そもそもパタヤのエロマッサージってペイバーとかできるのかよくわからん。そこんとこ、もっと詳しく聞いてみればよかった。ライン交換あり。

 

 

7.セカンドロードのマッサージ「GREAT MASSAGE」

f:id:fatmantaka:20170509222503j:plain

f:id:fatmantaka:20170509222502j:plain

ここから、さらに歩いてソイダイアナに入り、セカンドロードに出て、左に曲がってすぐのところにグレートマッサージというマッサージ店が目に留まる。店というより、可愛い子が店前で客待ちしていて、また、吸い寄せられるように、入店する。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170521164717j:plain

この子の名前はPちゃん、イサーン出身(ウボンの方、地名は聞き洩らした)で、皇族の佳子さま似の女の子。最初に俺が、ちょっと寝てたからか、あんまり話しかけてこなかったが、目を覚まして目が合ってから色々話した。

「タイ料理は好きですか?もう何かタイ料理は食べた?」って聞かれたので、「ガパオライス食べたよ。セブンイレブンのね~。」って言ったら、大受けしてしまって、しばらく、笑いがとまらなかった。

そんなこんなでずいぶん打ち解けて、「今日はまだご飯たべてなくて、お腹がすいて死にそう」と言うから、「となりのレストラン(Kiss Food & Drink)に一緒に行く?」って聞いたら、店からは離れられないので、買ってきてもらって、一緒に食べましょうということになった。

フットマッサージ1時間200Bに、30分肩マッサージ100Bを延長、合計300Bで、彼女にはチップ200Bあげた。ライン交換あり。

 

 

 

「GREAT MASSAGE」と「Kiss Food & Drink」レストランは隣同士

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170509222501j:plain

終わった後、約束通り、隣のレストランからガパオガイカイダーオ2個つきを買ってきてあげて、自分も一緒に食べた。うん、うまい。納得のおいしさだ。

 

 

8.ビーチロード散歩→疲労のため、夜の活動中止

f:id:fatmantaka:20170509222505j:plain

f:id:fatmantaka:20170509222509j:plain

f:id:fatmantaka:20170509222510j:plain

f:id:fatmantaka:20170509222511j:plain

ここからさらに歩いて、パタヤビーチへ出て、海岸沿いをブラブラ歩いた。ソイ13-2に入り、ここもエロの匂いがプンプンする店を通り過ぎ、セカンドロードに出て、右に曲がりWALKING STREET方面に歩く。もう暑くて限界かな。ホテルに帰ろうとサウスロードを東へ、ソイブッカオ方面に歩く。

やっと、ソイブッカオ入口まで来た。両替屋があったので、20,000円をバーツに交換、レートは0.3075、6,150Bを入手した。

ソイブッカオ入口付近で屯しているモトサイをつかまえ、「ソイハニーな」というと、普通に理解して、ダトマスゲストハウスに到着。よさそうなおじさんで40Bだった。

シャワーを浴びて、夜の活動に備えて、ひと眠りする。歩き回ったせいで、クーラーを効かせてベッドで寝転んでいると、気持ちよくて、起きるのが面倒くさくなる。

2時間ほど眠ってから、ちょっと、ベッドから出る。部屋のバルコニーからは、ちょうど真下にソイLKメトロが見える。もう、夜になっている、音楽がやかましく聞こえている。真下に見えるけど、このダトマスゲストハウスら、ソイLKメトロに直接は行けない。

今日はもうエロは1発でいいかな、一日2発で予算を組んできているので、明日、限界の3発に挑戦しようということにして、バルコニーで一服してから、再び、ベッドに戻った。