読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ好きおやじTAKA49の日記

海外旅行のために仕事をがんばるエロサラリーマンの日常

2016-07月 タイ旅行 3日目

2016-07月 タイ旅行(7月9日~7月13日) タイ旅行

2016年7月11日(月)

1.スクンビットソイ23の郵便局でEMS発送

朝10時頃まで、ゆっくり寝ました。今回は朝食付きにしていないため、早起きする必要はありません。今日は、まず、日本で買ってきたお土産をEMSで発送するため、郵便局に行くことにしました。

 

f:id:fatmantaka:20170102202428j:plain

ホテルのレセプションのプーインに「郵便局、この近くでどこにある?」と聞いたところ、「ソイ23にあるよ」とのことなので、散歩がてら、歩いていくことにしました。(写真の左のプーインが、ナーラック)

ソイ23なら、このSスクンビットスイートホテルから一つ目のソイです。タイに来る前にネットで郵便局を調べましたが、ソイ23にあるという情報は見つけられていませんでした。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20170102202443j:plain

ホテルを10:30に出て、スクンビット通り沿いを東にソイ23へ向かいます。馴染みの「BLEZ」薬局を通り過ぎました。

 

 

  

f:id:fatmantaka:20170102202442j:plain

ガソリンスタンドを通り過ぎた所が、ソイ23の入り口です。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20170102202429j:plain

トゥクトゥクが止まっていたので、「郵便局はどこ(プライサニー ユー ティーナイ)?」と聞いてみたら、やはり、「ソイ23に入ってすぐだよ」と教えてくれただけで、「乗ってく?」とも言われなかったので、本当に近くだなと判断しました。

 

 

  

f:id:fatmantaka:20170102202430j:plain

いつかは泊まりたいと思っている、4つ星(by Booking.com)のジャスミンシティーホテルのところから、北に向かって、ソイ23を歩いて行きました。

 

 

  

f:id:fatmantaka:20170102202444j:plain

よく、BACCARAのプーインとキンカオするタイ料理店「BAAN KANYA」を通り過ぎ、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170102202431j:plain

f:id:fatmantaka:20170102202432j:plain

ソイカウボーイ東口を、左手に見ながら通り過ぎ、さらに北に歩いていくと、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222411j:plain

ありました!

赤い建物で、「POST OFFICE」って書いてあれば、誰でもわかりますね。ソイ23の入口からゆっくり歩いて約5分の、本当に近い場所でした。

 

 

 

スクンビットソイ23の郵便局の地図です。「Prasanmit Post Office」という名前のようです。

  

 

 

f:id:fatmantaka:20170102202433j:plain

月曜日の午前中ということもあったのか、かなり混みあっていました。日本人も日本語もない完全アウェイ状態です。 

 

 

  

 

f:id:fatmantaka:20170102202434j:plain

f:id:fatmantaka:20170102202436j:plain

成田空港で買ってきたお土産類を、専用のEMS箱に詰め替えてもらいました。お土産の中にヘアブリーチが入っていて、どうも、この荷物を日本に送るものと思われたのか、「これは液体だから日本には送れないです。」と言われ、優しく「メチャイ、ソン コラート ナ(いいえ、コラートに送ります)」と答えておきました。

宛先は、タイ国内の住所と受取人を書くのは当然ですが、自分の住所などは、どう書けばいいのか分からなかったので、聞いたところ、「名前とEメールアドレスを書いて下さい」とのことで、なるほどね~と思いました。

箱代32バーツを払い、次は、発送手続きをしました。

 

 

  

f:id:fatmantaka:20170102202437j:plain

f:id:fatmantaka:20170102202438j:plain

順番の整理券発行機があり、133番で呼ばれるのを待ちました。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20170102202440j:plain

自分の順番になり、カウンターへ行き、荷物を渡し、パスポートの提示も要求されました。パスポート持っててよかったです。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20170102202441j:plain

重量は約4kg、バンコク→コラートまでで、発送費用は185バーツとのことでした。初めての郵便局体験、なんとか、無事、ミッション終了です。

 

  

2.スクンビットソイ23のタイ古式按摩店「Saitong Massage」でフットマッサージ

f:id:fatmantaka:20170102204108j:plain

郵便局を出て、現在11時30分、まだ、朝飯を食べていなかったので、昼のソイカウボーイの屋台でガイヤーンでも食べるかなと考えつつ、郵便局の隣のタイ古式按摩店の前を通り過ぎようとしたところ、かわいらしい熟女プーインに手を引っ張られ、相変わらず、「マイアオ」と言えず、店の中へ連れ込まれてしまいました。

 

  

 

古式按摩店に連れ込まれるまでの動画です。

  

  

 

f:id:fatmantaka:20161224222414j:plain

どうも、郵便局に入る時から、目をつけられていたようです。

ソイ23は、もう少し、北に歩くと、少しエロなマッサージ店が並びますが、この店はいたって健全なタイ古式按摩店の雰囲気です。フットマッサージ1時間で250バーツでした。普通に上手で気持よかったです。チップは100バーツあげました。

LINEの交換も、ちゃんとしてきましたよ。旅先でふれあった人とは、何らかのつながりを持っていたいから。でも、LINE IDでの交換だけだと、「・・・さんが退出しました」って、いきなり、つながりがそれっきりになっちゃうこともあるんだよね。だから、やっぱ、電話番号も聞いとくのがいいんだろうけど、そこまでするか?って自分で遠慮しちゃったりもする、むずかしいところです。

 

   

 

f:id:fatmantaka:20161224222413j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222415j:plain

「Saitong Massage」という名前のお店のようですね。

それでは、あらためて、ソイカウボーイで、ムーピンかガイヤーンを調達しに向かいます。

 

 

3.ソイカウボーイの屋台でキンカオ

f:id:fatmantaka:20170103152652j:plain

古式按摩店から、徒歩3分でソイカウボーイに到着、やはり、夜と雰囲気が違います。本当にただの路地に屋台があるといった感じですが、意外に屋台に来る客も多く、活気がありました。

 

  

 

ソイカウボーイの地図です。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20161224222416j:plain

このおばあちゃんの屋台で、豚にするか、鳥にするか、う~ん。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170103152654j:plain

30バーツの豚の串焼きを買いました。串焼きと言っても、自分の知ってるムーピンとは何となく違い、肉を竹で挟んで、針金で留めているスタイルのものでした。タレが効いていて、味はアロかったですが、針金が混入していないか不安でした。

写真の左側に写っているからし色の服のプーインが、英語で、おばあちゃんとの間に入ってくれて、何気に通訳してくれて助かりました。やはり、旅行では、昼も夜もいつでも、人とのふれあいが嬉しいです。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20170103152651j:plain

f:id:fatmantaka:20170103152653j:plain

このおばあちゃんの屋台は、「カウボーイ2(COWBOY2)」の隣の雑貨屋さんの前でやってました。

豚焼きを手に持ちながら、ひとまず、宿泊先のSスクンビットスイートホテルに戻って少し休憩することにしました。

 

 

f:id:fatmantaka:20170103152655j:plain

Sスクンビットスイートホテルに戻ってきました。

 

 

 

Sスクンビットスイートホテルの地図です。

  

 

4.BTSプロンポン近くのタイ料理屋「イムチャン」でキンカオ

ホテルで休憩後、午後の観光に出かけました。まずは、まだ、腹が空いていたため、BTSプロンポン近くのタイ料理店「イムチャン」でキンカオすることにしました。 

 

f:id:fatmantaka:20170103152656j:plain

f:id:fatmantaka:20170103152657j:plain

BTSを使おうかなとも思いましたが、プロンポンまでだったら近いので、 ホテルの前に待機しているモトサイに乗っていくことにしました。「パイ プロンポン」で出発です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170103152658j:plain

高級デパートのエムクォーティエを通り過ぎ、

 

  

 

f:id:fatmantaka:20170103152659j:plain

ちょっとプロンポン駅を過ぎたソイ39入口のところで降ろしてもらいました。料金は40バーツでした。

 

  

 

スクンビット通りをモトサイで爆走した動画です。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20170103152700j:plain

ソイ39入口付近から歩いて1分のタイ料理店の「イムチャン」に到着しました。BTSプロンポン駅の真下にあるような場所でわかりやすいと思います。

 

  

 

タイ料理店の「イムチャン」の地図です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170103152702j:plain

この路地は、ソイ37と呼ばれているらしいです。このソイ37入口の路地の両側が、「イムチャン」になります。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20170103152703j:plain

ちょうど、日本人のプーインも3人いましたが、日本人が多く来ると見えて、メニューなどに、日本語が多く使われていました。ローカルなタイ料理店で、メニューに写真がついているだけでもOKなのに、さらに、日本語で料理の説明までついています。初めて、タイ料理を食べる人は、かなり助かると思いますよ。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20161224222417j:plain

今回、注文したのは、「エビのすり身入りオムレツごはん(カオカイジャオクン)」55バーツと「シーフードのトムヤムスープ(トムヤムタレー)」120バーツです。

この店だからというわけではなく、やはり、自分は、トムヤムスープはダメみたいです。残念ですが、酸っぱいのが、美味しいと感じられません。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222418j:plain

月曜日の13:40ですが、ほとんどのテーブルが埋まっており、大盛況でした。(タイ人80%ぐらいかな)

 

 

5.BTSでマーブンクロンセンター(MBK)へ

f:id:fatmantaka:20161224222419j:plain

キンカオした後は、BTSでプロンポンからサイアム、シーロム線に乗り換えて、ナショナルスタジアムまで行き、駅直結のMBKへ行きました。この写真は、サイアム駅でのものです。

 

 

 

マーブンクロンセンター(MBK)の地図です。

 

 

  

f:id:fatmantaka:20161224222421j:plain

MBKに入る前に、 スカイウォークからMBKをバックに記念撮影。何か違和感を感じたのは、いつもは、どーんと正面にある巨大な「MBK」の文字が、改装中で見えないからでした。

ちなみに、スカイウォークは、ナショナルスタジアム←★→サイアム←→チットロムの範囲でつながっています。(★:サイアムディスカバリーとサイアムセンター通過要。サイアムディスカバリーとサイアムセンターは4Fに連結通路あり。

BTSスクンビット線からきて、MBKに行くには、サイアム駅でシーロム線に乗り換えて、ナショナルスタジアム駅まで行くことになります。

サイアムでの待ち時間が長い場合は、上記2つのデパートの中を通り、スカイウォークでMBKまで歩いて行ってしまった方が早いかも。雨が降っていても、濡れないで行けるしね~。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170105184440j:plain

【参考】2016年1月に撮影した時のMBK

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222532j:plain

MBKは、ご存じの通り、巨大なデパートです。目的もなく、全部のフロアーを気軽に回れるという感じではありません、逆に言えば、目的がなければ、行っても疲れるだけということが、分かっています。

今日は、特に、買いたい目的のものがないので、2階の連結通路から入ってすぐのところにある、「SWENSENS」というアイスクリーム屋さんに入って休みました。

涼しい店内で、写真の三つ編みがナーラックなデックサーブ(多分、GOGOバー以外のこういう場のウェイトレスもこう呼ぶ)を意識しつつ、今日のこれからの予定を考えました。 

とりあえず、普通の昼の観光(エロなし、ところによってはエロぐらいの感じ)で、やっぱりどこかのお寺に行ってみるかな~。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222422j:plain

注文は、バナナキャラメルクレープ+1アイスクリームで204バーツでした。 

 

 

6.マーブンクロンセンター(MBK)→ワットサケット(黄金の丘)見学

次の行き先は、前から行ってみたかった、丘の上にそびえたつ寺院の雰囲気がいい、ワットサケット(黄金の丘)に行ってみることにしました。

 

f:id:fatmantaka:20161224222533j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222535j:plain

ワットサケットは、王宮方面にあるため、交通機関があまりなく、そこへに行くには、TAXIかトゥクトゥクしか自分は知りません。

なので、MBKの前あたりでTAXIを拾うべく、BTSナショナルスタジアムの脇の階段を下りて、ラマ一世通りに向かいました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222536j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222537j:plain

TAXIはいっぱい通ってるようです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222538j:plain

タイでは、腕を下にしてチョップするような動作でTAXIを止めるのですが、その動きだと、TAXIに通り過ぎられてしまいそうで、自分は、どうしても、日本流に手を上げてしまいます。

このピンクのTAXIも、手を上げて止めました。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20161224222539j:plain

TAXIの運ちゃんに「ワットサケット」と一言で通じました。でも、やっぱり、メーターを使わない運ちゃんで、「150バーツ」と言われましたが、そんな高くないので、「まあ、いいか」と、そのまま、乗りこみました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222540j:plain

ラマ一世通りを西に進みました。けっこう、渋滞が激しいです。写真の右上に見える病院の方へ、地図上では、真っすぐに進むはずだったのですが、手前の信号を左折しました。

「このやろう、日本人だから知らないと思って、遠回りしてるな」とは、思っただけで、口には出しませんでした。もしかしたら、渋滞を避けたのかもしれないしね。 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222542j:plain

多分、Krung Kasem通りを、南に走っています。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222543j:plain

Nophawong交差点を右折し、Ruang通りに入りました。

  

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222544j:plain

Ruang通りを西に進み、この信号で右折し、

  

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222545j:plain

Worachak通りに入り、北へ向かいました。

  

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222546j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222547j:plain

Mean Siの交差点を通過しました。

  

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222548j:plain

ワットサケットスクールのところで、TAXIが止まり、

  

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222549j:plain

約束の150バーツに10バーツおまけして、160バーツあげました。所要時間は、ナショナルスタジアムからこのワットサケット付近まで、約15分でした。

 

 

 

ワットサケットの地図です。TAXIから降りたのは、Wat Saket Schoolの所です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222550j:plain

怪しいポン引きみたいな兄ちゃんがいて、MPとかマッサージとか紹介したがっていましたが、面倒くさかったので、そのまま、通り過ぎました。ごめんね。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222551j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222552j:plainこの道路(Chakkraphatdiphong Alley)を、西に、少し歩いたところに、寺院の入口がありました。ここから中に入って行けば、黄金の丘につながっているものと思っていました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222553j:plain

中に進んでも、それらしき丘が見えてきません。でも、進むしかありません。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222554j:plain

境内みたいな広場に出てきました。この境内の壁の向こう側に、それらしき雰囲気の丘が見えました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222555j:plain

どうやら、この境内からは、一度、出なければならないようです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222556j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222557j:plain

このソイ(Soi Borommabanphot)を西に向かって歩いて行くと、黄金の丘が見え、入口の門にやっと着くことができました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222423j:plain

入口を入った所に掲示してあった、ワットサケット黄金の丘のMAPです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222559j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222600j:plain

受付を発見、入場料は20バーツでした。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222601j:plain

受付の右側から、さっそく、階段が始まりました。ここまで来たからには、上まで登っていくしかありません。すでに、かなり暑いです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170106222350j:plain

やっとこさ、ドリンクやアイスクリーム類が売っている階まで登ってきました。かなり疲れたし、何より暑いです。ドリンクが・・・、悲しいかな、冷えてませんでした。でも、買いました。

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222424j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222425j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222426j:plain

この階からの眺めも、なかなかでした。でも、お寺の観光で、こんなに疲れたことはありません、ので、最初で最後のワットサケットになると思います。

  

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222427j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222428j:plain

さらに上に行ける階段を見つけ、屋上に出てみました。見る限り、タイ人が50%、ファランが45%、日本人はひとりもいませんでした。かえって、こういう環境の方が、楽しいです。

 

 

 

MBKからワットサケット頂上まで行くまでの動画です。

 

 

7.ワットサケット→THIP SAMAI付近→国鉄フアランポーン駅

f:id:fatmantaka:20161224222602j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222603j:plain

それでは、西側の門から、ワットサケット黄金の丘とお別れです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222604j:plain

ワットサケットの西側を南北に走っているソイを南に向かって歩きました。この辺りに、パッタイで有名な「THIP SAMAI」があるので、ひとまず、TAXIかトゥクトゥクを拾うため、その辺を目指して行くことにしました。

  

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222605j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222607j:plain

今、歩いている通りは、木工細工や家具のお店が、多くありました。写真のような、タイ文字の木彫り細工は、タイ人の子供用のおもちゃなんでしょうね。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222608j:plain

最初の交差点で、右折して、Bamrung Muang通りを西に向かって歩いて行きます。

  

 

 

f:id:fatmantaka:20170107231839j:plain

次のSamranrat交差点を右折し、Maha Chai通りを北に数分歩いて、「THIP SAMAI」付近まで来ました。

この通りは、けっこう、交通量が激しいです。信号はありますが、歩行者用ではありません。横断歩道もないので、歩いて横切るのは、怖いですが、道向こうのセブンイレブンに行きたい!

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170107231840j:plain

道路の真ん中で、恐怖の時間を過ごしました。

 

  

 

f:id:fatmantaka:20161224222609j:plain

無事、渡れました~。通りの向こう側に「THIP SAMAI」がありました。ちょうど、開店の17:00です。お客さんが、けっこう並んでますね。今年の3月にも、来ましたが、とにかく、旅行者にとっては、不便な場所にある店です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222610j:plain

セブンイレブンに到着。暑くて、冷たいものが欲しくて、中にかけこみました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222611j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222613j:plain

アイスクリーム40バーツでした。汗びっしょりで食べるアイスクリーム、最高です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222444j:plain

一度、ホテルに戻ろうと、Samranrat交差点付近で、TAXIかトゥクトゥクをつかまえようとしますが、うまく行きません。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222445j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222446j:plain

やっと、このトゥクトゥクが止まってくれました。行き先をBTSナショナルスタジアムを告げると、料金150バーツとのこと、もう、値段なんか関係なく、即スタートしました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222447j:plain

現在17:20、この時間、BTSまで行くのに渋滞するかな、それと、BTSだとサイアムで乗り換えがあるから面倒だなと思い始め、運ちゃんに「MRTフアランポーン ナ」と告げ、行き先変更です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222449j:plain

Bamrung Muang通りを東に進み、ラマ一世通りに入る直前のKrasa Suk交差点を右折、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222450j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222451j:plain

Krung Kasem通りを南下し、Nophawong交差点のところで左折し、橋を渡り、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222452j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222453j:plain

橋を渡ったらすぐ右折し、川沿いを南に走り、MRTフアランポーン駅に向かって行きました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222455j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222457j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222458j:plain

MRTフアランポーンではなく、国鉄フアランポーン駅に着きました。ここからは、MRTまでは近いから歩けという意味か不明ですが。「THIP SAMAI」付近から、所要時間は約12分でした。150バーツにおまけの10バ-ツで160バーツあげました。

 

 

 

国鉄フアランポーン駅の地図です。

 

  

8.国鉄フアランポーン駅内見学

f:id:fatmantaka:20161224222459j:plain

せっかくなので、国鉄フアランポーン駅構内を見学して行くことにしました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222500j:plain

この駅の正式名称は、「バンコクタイ語は、クルンテープ)」って書いてありますね。一般に、タイでは、「フアランポーン」というと、MRTの駅の方を指すようです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222501j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222432j:plain

プラットホームには、普通に入って行くことができ、止まっている列車を見ることができました。昔っぽいというか、何か、博物館にでもきたかのような感覚を持ちました。快適とは程遠い古そうな外観で、乗っても、せいぜい一時間ぐらい、長時間はつらいかな。

ちなみに、自分は、タイには3年暮らしたり、数十回も訪タイしていますが、タイ国内の移動で、列車を使ったことは、一度もありません。経験上、高速バスが、一番安くて、快適だと思ってるからです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222504j:plain

列車の古さに反して、チケット売り場は、思ったよりもキレイな感じでした。

 

 

9.国鉄フアランポーン駅→MRTフアランポーン駅→宿泊ホテル

f:id:fatmantaka:20161224222505j:plain

さあ、宿泊先のS・スクンビットスイートホテルに戻ります。国鉄フアランポーン駅の南口から出て、ロータリーに沿って、南に行った所に、MRTフアランポーン駅があります。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222508j:plain

MRTフアランポーン駅に着きました。この辺りは、夜になると、ゴザバーが多く開かれて、ソムタムとヤードーンが楽しめ、交渉次第では、プーインとショートタイムでブンブンも可能です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222510j:plain

昨日、購入したMRT3Dayパスで入場。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222512j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222513j:plain

フアランポーン駅は、MRTの始発駅なので、普通に座ることができました。後は、スクンビット駅まで、直行です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222514j:plain

電車の中は、大人は、ほとんど、全員がスマホをいじっていました。あちらこちらでLINEのピンポーンという音が鳴り響いていました。タイでは、コミニュケーションツールとして、LINEとFACEBOOKで、ほぼ100%の感じがしました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222515j:plain

MRTスクンビット駅に到着、現在、17:55ということで、学生さん達が多く見られました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222516j:plain

地上に出て、アソーク通りとターミナル21が見えました。

 

 

 

MRTスクンビット駅の地図です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222518j:plain

宿泊先のS・スクンビットスイートホテル前まで来ましたが、ひとまず、通り過ぎ、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222519j:plain

のどが渇いていて、冷たいものを飲みたかったので、ホテル下の喫茶店「indulge」に寄りました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222520j:plain

「indulge」の デックサーブのキレイな後ろ姿に見とれつつ、冷たいコーラを飲み、タバコも一服しました。ああ、サバーイ、サバーイ。

そう、このコーラがけっこう高くて、100バーツでした。

 

 

 

「indulge」と「S・スクンビットスイートホテル」は、ここです。

 

 

10.ソイカウボーイバカラへ潜入

シャワーを浴びて、少し休んでから、20:34にホテルを出発し、徒歩で、ソイカウボーイに向かいました。今日も、バカラへ行きます。 

 

f:id:fatmantaka:20161224222614j:plain

宿泊先のS・スクンビットスイートホテル出て、Interchange21 Towerの脇を通り過ぎ、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222615j:plain

MRTスクンビット駅前を通り過ぎ、さらに、北に向かって少し歩いていくと、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222616j:plain

屋台じゃないビアバーがあり、ここを通り過ぎ、右に曲がると、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222617j:plain

バンコク三大ゴーゴーバーエリアの中で、自分が愛してやまない、「ソイカウボーイ」になります。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222618j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222619j:plain

水着のナーラックなプーイン全員が、自分を注目しているような錯覚に陥ります。でも、意外に錯覚ではないかも。なんたって、今回はひとり旅の日本人という、彼女達にとって、絶好のカモに違いないからです。

「ハロー デオカ~」とか、「ロングガン」のプーインが「アナタ ドコ イク ミルダケ」と声をかけてきます。いやあ、黄色の水着がまぶしいです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170108205429j:plain

いつもは、店前での待ちのプーインで、ボトルネックになって歩きずらい、「LIGHT HOUSE」と「COWBOY2」の間ですが、今日はまだ、時間が早いせいか、それほどプーイン渋滞がありませんでした。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222620j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222621j:plain

「SAHARA」の前では、前にドリンクをおごったり、一緒に写真を撮ったりしたことのあるプーインから、覚えられていたのか、「アナタ~!」はいいんですが、「マーニー(こっちおいで)!」と、子供か犬を呼ぶように言ってたのが、逆に、おかしくて、笑っちゃいました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222622j:plain

22:38、バカラに着きました。S・スクンビットスイートホテルから、ゆっくり歩いて、わずか、4分しかかりませんでした。

 

 

 

ソイカウボーイ「バカラ」の場所です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222438j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222439j:plain

決死の覚悟で、バカラ内部を撮影してきました。まずは、1Fのプーイン達の様子です。 

 

 

 

バカラ内部 1Fの動画です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222440j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222443j:plain

そして、次に、2Fのプーイン達の様子です。 2Fは、定期的に、トップレスになります。

 

 

 

バカラ内部 2Fの動画です。

 

 

【本日のバカラ内出費】

 自分のコーラ:180Bx5杯=900B

 嬢へチップ:100Bx4人=400B 

 デックサーブドリンク:200Bx1杯=200B 

 合計1500B

 

ちなみに、今日はこの後、テーメーカフェに行く予定のため、ペイバーはしないで、バカラを後にしました。でも、また明日も来ると思います。(笑)

 

 

11.テーメーカフェに潜入→Cちゃんと交渉成立→宿泊ホテルでブンブン

f:id:fatmantaka:20161224222521j:plain

0:52にテーメーカフェに到着、アソークの交差点からは、約7分 かかりました。テーメーカフェは、ルアムチットホテルの地下にあります。

 

 

 

テーメーカフェの場所です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222522j:plain

中に入って、1ドリンク注文するのが、決まりです。やはり、ここでも、コーラを注文60バーツでした。コーラ1杯でも、飲む場所によって、値段がさまざまに変わるのが面白いですよね。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222523j:plain

プーインは、たくさん、待機しています。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222525j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222527j:plain

向こうの壁の、額縁の下に佇んでいる、ナーラックなプーインを発見しました。速攻で彼女のところへ行き、ちょっと、世間話をしてみました。すぐに、いい子だと分かったので、「ショートタイム2500バーツ」で交渉成立です。

テーメーカフェは、個人間の援助交際なので、ペイバー代とか余計な出費がかからないからいいですよね。

このCちゃん、日本語が少しできました。相手のプーインが日本語を話せることは、あまり、重要とは考えていませんが、やはり、ちょっと楽でした。

出身地とか、年齢は、聞くのを忘れました。

 

 

 

テーメーカフェ潜入の様子です。 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170108224805j:plain

1:20、テーメーカフェを出て、手をつなぎながら、スクンビット通りを歩いて、アソーク交差点の長い信号待ちを含め、約10分で、宿泊先のS・スクンビットスイートホテルに到着しました。

 

 

 

S・スクンビットスイートホテルの場所です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222435j:plain

ホテルの部屋で、テーメーカフェのCちゃんと記念撮影です。色白でナーラックなプーインでした。オッパイは、貧乳でも巨乳でもなく、普通のサイズでした。

少しの日本語しかできないのに、日本語で会話してくれようとする態度が、すごく好感が持てたし、参考にもなりました。

自分も、簡単なタイ語しかできないけど、言語ではなく、相手とコミニュケーションしようという熱意が大事なんだということを言いたいだけです。

話は戻って、Cちゃんは、サービスがすごく良く、一緒のシャワーから始まり、ベッドでは、ていねいな全身なめ、 ディープキスもOKで、恋人気分を満喫できました。

「ボリカン リーリー ナ(サービスいいね)」と褒めると、照れたように「タムガーン、タムガーン(お仕事、お仕事)」と言ってました。

部屋の電気はつけたまま、明るい部屋でブンブン、無事、FINISHまで行きました。雰囲気のいいブンブンは大好きです。

約束の2500バーツにチップ600バーツで合計3100バーツあげちゃいました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161224222436j:plain

f:id:fatmantaka:20161224222437j:plain

Cちゃんを見送った後、小腹が空いたので、ソイカウボーイ西口の使くにあるセブンイレブンに弁当を買いに行ってきました。

ホテルへの帰り道、以前だったら、MRTスクンビット駅前には、屋台のビアバーがたくさんあったのが、キレイさっぱり、ひとつもないことに気が付きました。

通りがかりの、ジュースを売ってる屋台のおばちゃんに聞いてみたら、「つい、2週間前ぐらいに一斉になくなったんだよ」と教えてくれました。今回の旅行で、スクンビット通りのビアバーを初体験しようとも思っていた矢先で、ショックを受けました。

今日はここまでです。

おやすみなさい。 

2016-07月 タイ旅行 2日目

2016-07月 タイ旅行(7月9日~7月13日) タイ旅行

2016年7月10日(日) 

1.バイヨークスカイホテルの朝食

今日は、このバイヨークスカイホテルをチェックアウトして、アソークのSスクンビットスイートホテルに移動するため、起きてすぐに、荷物を準備しました。

そして、シャワーを浴びてから朝食に向かいました。340バーツの朝食はどんなものか、期待してます。

部屋の中にあった案内の紙によると、朝食は、78Fと82Fが会場らしいです。

 

f:id:fatmantaka:20161017214602j:plain

自分の部屋のある71Fからエレベーターに乗り、75Fで降り、そこからは、78Fの会場まで、徒歩で階段を上りました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214622j:plain

やはり、朝食会場は、78Fと82Fの2フロアであるようです。至る場所で、案内が日本語で表記してあるのは、日本人客が多いってことなんでしょうね。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214603j:plain

こんな階段を上りました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214605j:plain

75Fからそんなに階段上ってない感じですが、どうやらここが、78Fの会場のようです。受付のお姉さんに、ルームナンバーを提示して、会場に入りました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214611j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214616j:plainメニューは、タイ料理、日本料理を始めとして、かなり、充実していました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214612j:plain

ここのコーナーは、インド料理、というより、カレーだけで、5種類ぐらいあってびっくりしました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214613j:plain

ドリンクやフルーツも豊富に準備されていました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214745j:plain豊富な種類から選ばれたものは、ごく普通なものとなってしまいました。(笑)

 

 

 

 f:id:fatmantaka:20161017214615j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214744j:plain

78Fだけあって、やはり、景色は素晴らしい。この朝食会場、どこに座っても、下界を見下ろしながら食事できるし、シートやテーブルもなかなか居心地が良かったです。これで340バーツだったら、高くないかな~、でもやっぱ、ちょっと高いかなとも思いました。

 

朝食後は、階段を下りたところにおみやげ屋さんがあり、その同じ階が、360度見渡せる展望フロアで、ぶらぶら歩きながら、東西南北のバンコクの写真を撮りました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214747j:plain

南側方向の写真。右側中央は、サイアムパラゴンですかね。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214748j:plain

西側方向の写真。エアポートリンクとBTSのパヤタイ駅が見えます。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214749j:plain

北西側方向の写真。ビクトリーモニュメント周辺が見えます。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214750j:plain

北側方向の写真。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214751j:plain

東側方向の写真。真下にエアポートリンクのラチャプラロップ駅が見えます。写真の上に行くのが、スワンナプーン空港方向です。

 

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214752j:plain

そして、南東側方向の写真。

 

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214617j:plain

おみやげ屋さんのプーイン二人は、品物の数のチェックで忙しそうでした。かわいらしい制服です。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214619j:plain

前にならんでいるスーツケースは、1500~1800バーツぐらいでした。日本円では5000円前後ということなので、安いは安いですよ。でも、タイでの1500バーツって、何でもできるって思うぐらいのすごい金額の感覚があります。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214623j:plain

f:id:fatmantaka:20161105205856j:plain

おみやげ屋さんのある同じ階のエレベーターで、部屋に戻ります。

 

そうそう、エレベーターですが、下記①~③の写真のように、自分のルームカードキーを抜き差しして、行きたい階の番号を押すという使い方でした。こういうのって、今までのホテルではやったことなかったので、ちょっと、最初はとまどいました。

 

f:id:fatmantaka:20161017214627j:plain

①ルームカードを入れて、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214628j:plain

②すぐに抜いて、

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214629j:plain

③行きたい階の番号を押します。

 

 

 

2.バイヨークスカイチェックアウト→Sスクンビットスイートホテルチェックイン

 f:id:fatmantaka:20161017214754j:plain

チェックアウトです。昨日のデポジット3000バーツを無事、返してもらい一安心。カウンターのかわいい色白のプーインと記念写真を撮って、バイヨークスカイホテルとお別れです。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214631j:plain

そう、この階には、ファミリーマートもあるんですよ。ホテル内にコンビニがあるというのも、初めての経験でした。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214635j:plain

エレベーターで1Fに下りて、すぐに、「アイ テイク ケア ナ」と言ってきたドアボーイに荷物を速効で取られ、タクシー乗り場に連れていかれました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214636j:plain

そして、この少し日本語が話せるこのおじさんに引き渡されました。このおじさんが、お客さんとタクシーの仲介をしている感じでした。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214637j:plain

Sスクンビットスイートホテルの場所を伝えるのに、Booking.comの予約シートの住所を見てもらったのですが、全然わからず、これには地図も載ってなくて、結局、「ソイカウボーイ」まで行ってくれということで、話がつきました。

ソイカウボーイの入口あたりからだったら、歩いても、2,3分だからね。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214638j:plain

ドアボーイへのチップ、50バーツのつもりが、500バーツを渡しそうになってしまいました。いやあ、時々、感覚が鈍って、0をひとつ間違えそうになります。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214639j:plain

改めて、50バーツのチップを渡しました。気がついてよかった~。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214641j:plain

バイヨークスカイホテルからSスクンビットスイートホテルに向かって出発~。最初は250バーツと言われ、別にこの金額でもよかったのですが、「200バーツナ、OK?」と値切らせてしまいました。

 

 

 

 

 

バイヨークスカイホテルの地図です。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214642j:plain

この運ちゃん、やたらと、観光に連れて行きたいらしくて、お誘いをいなすのが、ちょっと、面倒くさかったです。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214643j:plain

タクシーは、エアポートリンク下の側道を東に向かい、マッカサン駅付近でアソーク通りに入り、南下して行きました。

タクシーの運ちゃんは、指示通りに、ソイカウボーイのところで止まろうとしました。でも、見慣れたアソーク通りとスクンビット通りの交差点が見えたので、「そのまま真っすぐ行って、あの交差点を左折してすぐナ」と指示しました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214644j:plain

無事、Sスクンビットスイートホテルに到着しました。駐車場がないので、路駐するしかありません。時間的には、バイヨークスカイホテルから約15分ぐらいでした。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20170102144358j:plain

バイヨークスカイホテルからSスクンビットスイートホテルまでの道筋です。 

 

 

 

 

Sスクンビットスイートホテルの地図です。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214756j:plain

タクシーの運ちゃんと記念写真。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214647j:plain

Sスクンビットスイートホテルのドアマンが待ち構えていたように、荷物を運び始めました。 後で50バーツあげました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214648j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214652j:plain

このホテルのレセプションは2Fにあります。さっそく、チェックインです。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214650j:plain

まだ、時間が10時ちょっと過ぎだったので、どうかと思いましたが、やっぱり、清掃中ですぐには部屋には入れないので、PM2:00まで待って下さいと言われました。

荷物は預かっておいてくれるとのことで、じゃあ、とりあえず、外に出ることにしました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214651j:plain

その時、別のプーインが飛んできて、あと5分で部屋の清掃が終わるので待って下さいとのこと。ラッキーでした。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214653j:plain

部屋は、レセプションと同じ2Fになりました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214758j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214759j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214800j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214801j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214802j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214803j:plain

今回のSスクンビットスートホテルは、3泊します。

スーペリアダブルで、1泊1890B=¥5747(6/8予約時点) Booking.com

 

部屋の中は、こじんまりしているけど、グレーと白を基調としたスタイリッシュかつ清潔な部屋で、アメニティ類も必要最低限のものは、揃っています。

どうせ、今から、ほとんど部屋にいない外こもり生活になるので、これで十分です。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214804j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214805j:plain

スクンビット通りとBTSが正面に見える部屋は、大都会バンコクに来ているなあという実感ありありで、ドキドキしてしまいます。

また、2Fぐらいの部屋の方が、ホテルの出入りが面倒くさくなくていいです。

 

 

3.BLEZ薬局で下痢対策薬購入  

f:id:fatmantaka:20161017214654j:plain

では、さっそく出かけます。

以前、やはり、タイ旅行でバンコク滞在時に大変な下痢で、丸1日をホテルで寝ていたという苦い経験がありました。

それ以降のタイ旅行時は、何にも優先して、まず下痢対策を行なっています。 

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214658j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214659j:plain

Sスクンビットスイートホテルから出て、スクンビット通りをプロンポン駅方向に歩いて2,3分のところのある、BLEZという薬局へ行きました。 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214700j:plain

日本人が常駐している薬局なので、こちらの希望がダイレクトに伝わり、間違いがないのが安心できます。

いつもの下痢対策3点セットを購入しました。下痢止め・抗生物質・粉末ジュースです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214811j:plain

並べると、こんな感じです。これで、5日分で合計280バーツでした。これを持ってるだけで、安心感はハンパないです。まあ、今回の旅行中は使わないで過ごしたいです。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214703j:plain

ここの薬局では、Gダイアリーを置いています。バンコクのエロ現状を把握するのに欠かせないアイテムです。当然、今回も購入しました。7月号はこれで最後だって言ってました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214812j:plain

Gダイアリーの紙版は、タイでしか買えなくなっています。260バーツでした。

ちょっと前までは、成田空港で普通に売ってたんですがね。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214704j:plain

ホテルに戻る途中で、Sスクンビットスイートの1Fにあるレストランindulgeのところで、ウェイトレスのプーインに声をかけられ、のども渇いていたので、何か飲むか~と少し寄り道しました。 

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214809j:plain

アイスカプチーノを注文、ホテルでもらった100バーツのクーポン券を使い、タダななりました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214806j:plain

ウェイトレスのプーインと記念撮影、なかなかスワイな感じでした。

 

 

4.チャトゥチャックウィークエンドマーケット初体験 

f:id:fatmantaka:20161017214710j:plain

一旦、ホテルに戻った後、次に目指すのは、チャトゥチャックウイークエンドマーケットです。実は、これまでに行ったことがありませんでした。

アソークの交差点は渡らず、右方向に、ターミナル21を左に見ながら、MRTスクンビット駅に向かいました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214711j:plain

すぐに、ドラえもんの看板が見えます、ここがMRTスクンビット駅の入口です。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214713j:plain

MRTスクンビット駅からチャトゥチャックパーク駅を目指します。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214719j:plain

いつも感じますが、エスカレーターのスピードが速い。年寄りは乗り降りが大変だと思います。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214721j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214724j:plain

窓口で、MRTの3DAYパスを買いました。230バーツ。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214726j:plain

カードを読み取り機にかざすと、赤色のゲートが開くのですが、この時間がかなり短いので、最初はビックリしました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214813j:plain

チャトゥチャックパーク駅に着きました。スクンビット駅からの所要時間は約20分でした。

初めてなので、ここから、どちらの方向にチャトゥチャックマーケットがあるのか全く分からず、ちょっとうろうろしましたが、駅の出入口で、地図を見つけました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161118203525j:plain

この出入口は1番なので、ここからは右方向に行くんだなと理解しました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214814j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214815j:plain

どうやら、無事にチャトゥチャックマーケットに着くことができました。

 

 

 

チャトゥチャックマーケットの地図です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214816j:plain

どんな規模なのか、まったく、見当がつきません。中に入る入口を見つけたので、取りあえず中に進みました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214707j:plain

ここは、衣類が多い場所でした。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214817j:plain

また、通りのような所に出てきました。ものすごく広くて、たくさんの店があることはわかりましたが、これまで見たことのあるものばかりで、パッポンとかMBKで買えるものがほとんどかなという印象でした。

 

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214818j:plain

このひげのおじさん、やたらと写真を撮られてましたが、この店の名物おやじなのでしょうか?

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214708j:plain

自分の好きな中折れ帽子がいっぱいあって、だけど、いっぱいありすぎて、選べませんでした。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161118203527j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214819j:plain

この店に、かわいい巾着袋があったので、姪っ子達のおみやげに買いました。

巾着3個で100バーツでした。安かったし、優しそうな夫婦だったので、特に値引き交渉しませんでした。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161118203526j:plain

f:id:fatmantaka:20161017214820j:plain

このおじさんの店にも、かわいい象さんの巾着袋があり、買ってしまいました。ミニの巾着8個で200バーツでした。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214822j:plain

特に掘り出し物はなく、ほんの一部しか回れませんでしたが、アジア最大規模といわれるチャトゥチャックマーケットの気分を味わっただけで満足です。

 

  

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214827j:plain

再び、MRTチャトゥチャックパーク駅からスクンビット駅に向かいます。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214830j:plain

MRTスクンビット駅出入口にて、ターミナル21とその上に見えるグランデセンターポイントターミナル21をバックにセルフィッシュ。

現在、タイ時間17:30、夜の部に備えて、少しホテルで休みます。

 

 

 

5.スクンビットソイ24の陰毛カットしてくれる床屋で背中の毛を剃ってもらった

f:id:fatmantaka:20161017214727j:plain

それでは、夜の部を開始します。Sスクンビットスイートホテルの前に常駐しているモトサイを見つけ、迷わず、バイクの後ろにまたがります。

行き先をスクンビットソイ24と告げ、スタートです。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214729j:plain

スクンビットソイ24の三叉路まで来ました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214730j:plain

エンポリアムデパートの前で降ろしてもらい、40バーツあげました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214731j:plain

ソイ24の看板のところからソイ24に入って行きます。目指す先は、ソイ24沿いにあるエロマッサージ通りです。 

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214733j:plain

歩いて行くと、すぐに左手に、古式マッサージ店が3軒見えてきます。再三、このブログに登場するROYAL LEGACYというマッサージ店は、3軒並んでいるうちの真ん中の店です。

Dちゃん、今は、ウボンラチャタニにいるんだなあと考えつつ、通り過ぎます。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214734j:plain

この3軒のマッサージ店を過ぎたところに韓国料理屋があり、左折して奥に行く路地があり、ここからが、エロマッサージ店が並ぶエリアになります。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214736j:plain

この写真で、ネオンのついている店は、ほぼ、エロマッサージ店です。ワクワクしちゃうのは、仕方がないですね。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214735j:plain

オリエントマッサージのプーイン達に「マッサー?」「パイナイ?」「イラッセーマセー」と声をかけられます。なかなか、ナーラックなプーイン達に惹かれますが、実は今日は、エロマッサージではなく、写真の右の看板のところが、目的の場所です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214834j:plain

BARBERって書いてありますね~。実は、ここ、エロなサービスがある床屋らしいんです。ネットの情報では、頭髪は普通にカットしてくれ、あと、陰毛とかもリクエストすれば、カットしてくれるそうです。

 

 

 

地図でいうと、このAddictマッサージの斜め向かいぐらいの位置にあります。ちょうど、コーナーの部分です。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214737j:plain

この店の前で、携帯をいじっていたプーインに、この店は何をしてくれるのか聞いてみたところ、「ヘアカットとマッサージナ」とのこと。まだ、あからさまにエロの内容は聞けませんでした。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214739j:plain

この店の入り口はこんな感じ。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214738j:plain

後ろを振り返ると、MANGOマッサージ、eZマッサージと言ったエロマッサージの有名店がありました。この店のサービスいかんでは、後で行くかも知れません。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214740j:plain

さっきのオレンジの服のプーインに店の中に案内され、まず、飲み物の無料サービスがあり、水をもらいました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214741j:plain

そのまま、後をついて、地下に下りて行きました。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214742j:plain

地下に下りると、普通の床屋らしい部屋がありました。

自分、ここに来たのは、陰毛カットをやってくれるぐらいだから、他のところの毛も処理してくれるかなという希望があったからです。

というのも、背中の毛が多いんですよ。自分では、なかなか処理できないですよね。

そんなわけで、事前に、「背中の毛を剃ってほしいんだけど、できる?」って聞いて、「そんな人、今までにいないけど、いいですよ、やってあげます。」と了解を得ました。

散髪は、ちょっと、ケーレオなプーインがやってくれるようです。後で聞いたところでは、ちゃんと散髪の資格を持っているプロだとわかりました。

まず、マッサージからやってもらうことになりました。

オレンジ色の服のプーインが担当です。名前はPちゃんで、ガラシン出身の、歳は聞き忘れましたが、30~35歳といったところでしょうか。

マッサージ代は、1時間400バーツと言われました。

散髪の部屋のとなりの薄暗い部屋で、オイルを使うからということで、最初から裸になりタオルい1枚で隠してマッサージ開始です。30分ぐらいは、マッサ-ジしてもらったけど、お世辞にも上手いと言えないものでした。

でも、そこは、置いといて、期待通りにスペシャルサービスのお誘いがかかりました。口のサービスで1500バーツとのこと。まあ、高くも安くもないけど、今回は試しに口のサービスをやってみることにしました。

すぐに、息子にかかっていたタオルを取り、おしぼりで、ささっと拭いて、言わないのに、Pちゃんも裸になり、ブロージョブ開始です。

ん、何か深い、気持ちいいかも、今まで味わったことのない快感。

ああ、これがイマラチオとなんだと実感しました。のどの奥まで入っていました。

そのまま、口内にFINISHして、上手だねって褒めたら、すごく喜んでました。

ちょっと、猿顔のPちゃんですが、サービスと性格はとてもよかったです。残りの時間も、ちゃんと、マッサージしてくれました。

 

そして、次は、背中の毛を剃ってもらいます。

 

f:id:fatmantaka:20161017214831j:plain

こんな感じで、背中の毛を、おばちゃんとPちゃんのふたりがかりで剃ってもらいました。こんな面倒くさいことやってもらって、200バーツでした。ふたりとも、ありがとう。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214832j:plain

左が散髪専門のおばちゃん、右がマッサージとスペシャルサービス担当のPちゃんです。おばちゃんから、「明日、時間があったらまたおいで、陰毛カットしてあげるよ」って言われました。まあ、そっちも興味あるんだけどね。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214833j:plain

ずいぶん、仲良くなったPちゃんと寄り添って記念写真を撮りました。LINEの交換もちゃんとしてきましたよ。

 

 

 

6.ソイカウボーイバカラへ突撃

そして、次は、ソイカウボーイへ向かいました。メインの目的地はバカラです。今回のタイ旅行では、バカラに溺れまくるつもりです。

ソイ24の交差点付近で、たむろしているモトサイをつかまえ、「ソイカウボーイナ」と告げ、50バーツぐらいってわかっているので、値段交渉もせず出発しました。

スクンビット通りの裏道から行ってるようで、ソイ39→ソイ31→ソイ23に出て、ソイカウボーイのオールドダッチコーナーのところまで、所要時間は5分ぐらいだったと思います。

60バーツ要求がきたけど、はいよって感じであげました。タイではケチケチしないことにしています。

 

 

ソイカウボーイ バカラの地図です。

 

 

 

東側からソイカウボーイに入り、ダイレクトにバカラに行きました。中に入ると、1Fの1軍のプーイン達が笑顔で迎えてくれました。席は、ステージ脇のかぶりつきしか空いていなかったので、まずは、ここで、見学することにしました。

1Fのプーイン達と2Fのプーイン達のノーパンを同時に満喫できました。ゴーゴーバーで、プーインのレベルが、このバカラ1F以上のところはないと思います。まあ、それにプラス、ペイバーしたプーインが性格がよければ、尚いいですけどね。

コーラ1杯飲み終えたところで、1Fの見学は終了、今のところ、ペイバーしたいプーインがいません。

2Fへ移動しました。2Fは、喫煙可能なのがうれしいところですね。2Fのプーインは、いつも通りの白シャツに黒スカート、要は、タイの女子大生の雰囲気です。

でも、2Fはやはり、2軍の感じですね、なかなか選べるプーインが見つかりません。一定の時間の区切りで、シャツを脱いで、トップレスになるのが、この2Fのスタイルなのですが、見るからに、偽乳が多かったです。乳房の盛り上がり方が不自然なんですよね~。

2Fのプーインでも、トップレスにならない子もいて、なぜかというと、やっぱり、胸が小さいから恥ずかしいらしいんです。珍しいかもしれませんが、自分は貧乳好きなんです。小さくて、たれていないのがいいんですよね。

そのうち、そんな自分の好みの、胸の小さい、かわいらしいプーインを発見しました日本の芸能人で例えると、竹内結子似の感じです。

取りあえず、自分のところに呼んでみることにしました。自分は、プーインを呼ぶ時は、デックサーブに番号を告げるとかそういうことはしないで、直接、アイコンタクトと手招きで、自分で呼びます。

彼女の名前はFちゃんで、話をしてみたところ、性格よさそうです。これは、即ペイバーすることにしました。ショートで3000バーツとのことです。この値段は、1Fも2Fも全員同じ設定になっているとのことです。ちなみにロングは、驚きの6000バーツで一律値段設定されているらしいです。

 

【本日のバカラ内出費】

自分のコーラ:180Bx3杯=540B

嬢へチップ:100Bx3人=300B 

ペイバー:600B

ペイバードリンク:200Bx2杯=400B 

合計1840B

 

Fちゃんと手をつないで、ソイカウボーイを東に抜け、スクンビット通りに向かって歩きます。お腹が空いていたので、ソイ23沿いにあるタイ料理屋のバーンカニャでちょっと食べることにしました。

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214835j:plain

自分はパッガパオムーカイダオドワイ、Fちゃんは、野菜をいれたペヤングソース焼きそば的なものを注文しました。この謎の焼きそば的なもの、ちょっともらって食べたら、かなり、からかった~。二人分で280バーツぐらいでした。 

 

そして、Sスクンビットスイートホテルに向かいました。途中で、「もう少しでホテルに着くよ」って言ったら、「あのホテルですか?」と隣のコンチネントホテルを指差すものだから、「メチャ~イ」と言って、笑ってしまいました。

5分ぐらいで、ホテルに着きました。

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214836j:plain

まず、Sスクンビットスイートホテルの部屋で記念撮影です。 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161017214837j:plain

Fちゃんは、シーサケート出身の24歳とのことです。

さあ、シャワーを浴びて、プレイの開始です。しかし、このFちゃん、性格はいい子だったんですが、ブンブンの方は、キスもちょっとの全体的にあっさり系で、物足りなかったです。アソコはパイパンでした。

3月の時の、バカラプーイン2人があまりにも良かったため、期待し過ぎたのも良くなかったですかね。

FちゃんとLINEを交換して、ショート代3000バーツとTAXI代500バーツを渡して、帰してあげました。まだ、あと2泊ありますので、エロは明日以降にまた充実できることを願いつつ、今日は寝ます。

おやすみなさい!

2016-07月 タイ旅行 1日目

タイ旅行 2016-07月 タイ旅行(7月9日~7月13日)

2016年7月9日(土)

1.高速バスで成田空港へ

今年3月のタイ旅行から帰った日から、次のタイ旅行の計画を立て始めていました。

毎年、8月の会社の夏休みに、いっしょにタイ旅行に行くエロ友がいるのですが、今回、6月頃に誘ったところ、なんと、「彼女ができて、夏休みは自由がきかない」と断られてしまいました。

となると、飛行機のチケットが高くなる夏休みまで待つ理由はなく、7月の安い時期に、会社の休みをもらって行こうと決め、今回の日程になりました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201550j:plain

今回は、地元から、成田空港第一まで直行の高速バスを利用しました。朝3時50分の早朝一番便です。金額は、¥4,400でした。

 

 

 

 

成田空港第一には、6時50分に到着しました。約3時間、渋滞もなく、思ったより早かったです。 

 

 

 

 

2.自動チェックインに挑戦@成田空港

今回は、タイ航空を利用します。時間はたっぷりあるので、今までやったことのない自動チェックインに挑戦してみました。

 

f:id:fatmantaka:20160916202427j:plain

今回は、タイ航空で予約してあるので、画面上の「THAI」のアイコンを選択。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202428j:plain

タイ航空のチェックイン画面になり、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202429j:plain

機内に持ち込みできない品物の注意が表示され、ここは、スルー。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202430j:plain

自分はパスポートでチェックインするので、「Passport」を選択。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202404j:plain

パスポートを挿入して下さいと指示が出たので、顔写真のページを下にしてスロットにセットすると、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916205654j:plain

このような自分の予約航空便の情報が表示されました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202406j:plain

APECビジネストラベルカード所持者でもパスポートは所持しなけらばならない、タイでの滞在が許可期間を過ぎた場合、タイへの再入国ができなくなるかも・・・などの説明が出て、まあ、ここはスルー。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202408j:plain

機内持ち込み手荷物に、100mlを超える液体・エアゾール・ジェルがないか?誰かがあなたの手荷物に触れたことがなかったか?という質問があったので、両方共、「No」を選択。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202409j:plain

チェックインで預ける荷物があるか?と出て、自分はスーツケースがあるので、「Baggage to Check in」を選択。 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160917104323j:plain

f:id:fatmantaka:20160917104324j:plain

チェックイン荷物の数量の入力は、自分はスーツケース1個なので、画面の「+」を一回押して、「1」にしました。 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202412j:plain

手荷物のタグ印刷中という画面になり、 

 

 

 f:id:fatmantaka:20160916202414j:plain

タグが出てきました。 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202415j:plain

次は、ボーディングパス印刷中という 画面になり、

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160917104326j:plain

f:id:fatmantaka:20160917104325j:plain

画面の下側の取り出し口に、ボーディングパスが 出てきました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202416j:plain

以上で、自動チェックイン操作は完了です。無事、できてほっとしました。初めてだったので、ここで何かミスって、乗れなくなったらどうしようとか要らぬ心配までしてしまいました。 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916202417j:plain

うすっぺらなボーディングパスで、ちょっと、不安です。 まあ、内容は、大丈夫でした。事前にインターネットで指定したシートNo.も、しっかり、印刷されていました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916204140j:plain

f:id:fatmantaka:20160916204143j:plain

タグの付け方がよくわからなかったので、近くにいたお姉さんにお願いして付けてもらいました。 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201551j:plain

タイ航空Gカウンターのチェックインオープンが8時30分で、8時には並び始めることができました。

自動チェックインした人は、8時から、BAG DROPカウンターで、タグを付けた手荷物を預けることができました。

通常よりも30分早く、手荷物を預けることができるという点で、自動チェックインはメリットがあると思いました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160916204144j:plain

今回のカウンターのプーイン、いや、女の子です! (まだ、日本ですから)

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201554j:plain手荷物検査、出国審査を抜けて、出発前におみやげを買い ました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201552j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201553j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201555j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201556j:plain

今回は、もち菓子をメインにしました。自分の経験では、もち菓子は、タイ人から、けっこうリクエストがあります。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201558j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201559j:plain

TG641(11:00発)で、さあ出発です。

 

 

3.機内の様子@TG641 

f:id:fatmantaka:20160912201601j:plain

最初のおつまみ、ドリンクサービス。タイ航空は、いつも、この味ごのみです。まあ、おいしいですけど・・・。ここ5年ぐらいは変わってない気がします。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201602j:plain

そして、機内食は、グリーンカレーを選択。おいしかったです。ごはんもタイ米を使っていました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201603j:plain

フライト後半、CAさんと記念撮影しちゃいました。もう、着替えちゃってましたけど、フライト前半の、タイの民族衣装の時にも撮りたかったなあ。

 

 

4.スワンナプーン到着→プリペイドSIM購入→ValuePlusにて両替 

 

15:30、ほぼ定刻に、スワンナプーン空港に無事到着。

スワンナプーン空港の地図です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201605j:plain

今回、タイ滞在中の通信を現地シムを利用するつもりで準備して来ました。(前回の3月訪タイまでは、グローバルWi-Fiを利用していました。)

自分は、元々、ドコモのGALAXY NOTE3を使用していましたが、今年の4月に、2年契約が完了したため、ドコモからOCNモバイルONE(格安キャリア)に変更しました。

機種はそのままGALAXY NOTE3が使用できています。

今回の旅行の前に、ドコモショップで、シムロック解除も行いました。(税込¥3,240かかりました)

タイ現地シムは、どのキャリアがいいのか事前に調べたところ、TrueMoveが、4G・7日間・通信量1.5Gで299バーツというのがあり、他のキャリアも大きく差はなかったため、TrueMoveで決めていました。

そんな訳で、税関を出て、同じ階の5番の出入口近くに、TrueMoveの ショップを見つけ、手続きを開始しました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20161003203826j:plain

ショップでは、やはり、外国人旅行者には、売れ筋らしく、4G・7日間・299バーツのシムを勧められ、自分としては予定通り、これにしました。

パスポートと携帯を、カウンターのお兄さんに預け、シム交換作業の開始です。手慣れた感じで、携帯のカバーを外し、中のシムを出し、TrueMoveのシムを挿入、言語が日本語のままでしたが、普通にAPN設定までしてくれました。

外に出したOCNモバイルONEのシムをどうやって保管すればいいかなあと考えていたのですが、TrueMoveのシムが入っていた説明書ブックの表面にセロテープで無造作に貼りつけられ、なんか思わず笑ってしまいました。

ともかく、299バーツ支払って、無事完了しました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201604j:plain

4Gなので、「LTE」の表示になると思っていたのですが、「H」の表示にしかなりませんでした。

さっそく、LINEが入り始め、一応、ネット通信はできていることは、わかりました。LINEとFACEBOOK以外は、タイ滞在中は使わないので、これで一安心です。

電話も100バーツ分できるらしいです。まあ、当然、このシムの電話番号なので、受けた方は、自分ということはわからないですけどね。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201609j:plain

そして、次は円のバーツへの両替です。バンコク市内まで行かなくても、比較的、高レートなValuePlusという両替店がスワンナプーン空港内にあるとのことで、ここで両替をしました。

地下のエアポートリンクのCITY LINEのチケット売り場の裏手にあたる場所に位置していました。となりにHISのカウンターがあります。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201606j:plain

受けつけのお姉さん、何気に美人でした。 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201608j:plain 

本日7月9日のJapanのレートは、BUYが0.3480と表示されていました。ここのところでは、最高レートではないでしょうか?単純に、10000円で3480Bになるということです。いい時に来たものです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201607j:plain

タイ滞在5日分の予算120000円を両替したところ、41760バーツをゲットしました。 計算(120000 X 0.3480 =41760)ぴったりです。1000バーツ札が40枚近くあるわけですから、財布もメタボなことになってます。

 

 

5.エアポートリンクでラチャプラロップ駅→歩いてバイヨークスカイホテルへ

f:id:fatmantaka:20160912201610j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201611j:plain

両替えも完了し、エアポートリンクCITY LINEで「ラチャプラロップ」駅を目指して出発です。料金は40バーツ、コイン(トークン)がきっぷの代わりに使われています。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201612j:plain

ラチャプラロップ駅に到着、スワンナプーン空港からの所要時間は、約20分ぐらいでした。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201613j:plain

降りたホームの西側にエレベーターがあり、スーツケースや荷物があったので、助かりました。

ホテルまでは、徒歩でスーツケースをゴロゴロしながら約10分で着きました。

 

 

 

ラチャプラロップからバイヨークスカイホテルまでの映像です

 

 

6.バイヨークスカイホテルに到着

f:id:fatmantaka:20160912201614j:plain

今回、初日の宿泊ホテルは、「バイヨークスカイホテル」です。バンコクで一番高層のホテルで泊まりたかったということと、Booking.comで70%オフのキャンペーン中ということもあって、とりあえず一泊をこのホテルに決めました。

スペースゾーンのデラックスダブルで、1泊2099B=¥6384(6/8予約時点) Booking.com

 

 

 

バイヨークスカイホテルの地図です。

 

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201615j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201616j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201617j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201618j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201619j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201620j:plain

f:id:fatmantaka:20160912201622j:plainスペースゾーンで予約していたので、何階になるか期待していたところ、71階の部屋になりました。ツインルームだと、部屋内で喫煙できると言われたので、迷わず、ツインルームにしました。

また、朝食なしで予約していましたが、380バーツで朝食も食べれるとすすめられたので、OKしました。

部屋のつくりは、ちょっと古めな感じでしたが、清潔感はあり、特にクレームはありません。

ひとつ気になったのが、宿泊料を前金で払った後に、デポジット3000バーツを要求されたことです。これって、バンコクのホテルでは当たり前でしたっけ?

あと、せっかく高層な部屋なのに、一番、期待していた窓からの眺望という点で少し残念だったのは、窓ガラスが強化ガラスのため、内部が細かい格子状になっていて、完全にクリアーな状態で外が見えなかったことです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201621j:plain

部屋から撮った風景ですが、窓ガラス内部の細かい格子状模様がわかりますかね?

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201623j:plain

部屋から撮った夜景もイマイチでした。

 

7.マッサージ屋のDちゃんと再会&ブンブン

少し、休んだところで、馴染みのスクンビットソイ24にあるマッサージ屋のDちゃんに「バンコクに着いて、今、バイヨークスカイホテルにいるよ」って、LINEで連絡しました。

このDちゃん、2015年4月のタイ旅行で初めて出会ってからというもの、本当に毎日欠かさず、LINEでメールをくれます。

今回のタイ旅行も、事前に「7月9日の夕方に着くから予定に入れといて」って連絡済みでした。

今から、ベーリングのアパートからバイヨークスカイホテルに来てくれるとのことで、しばらく待つことに。

小一時間ぐらいしたところ、LINEで、「今ここに着いたから、入口まで迎えに下りてきて~」と連絡が入り、なんとか入口付近でDちゃんを見つけ、無事に再会を果たしました。

このホテルは、展望・回転ルーフトップデッキが有名なため、入口の辺は、観光客でごった返しており、エレベーターに乗るのも、この人達と一緒なので、時間がかかりました。

やっと、71階の部屋に戻り、今日はここで一泊していけるのかなと思っていましたが、ウボンラチャタニの実家のお父さんが具合が悪くて、明日早朝3時のロットゥーで帰らなければならないので、今夜11時頃まで一緒に過ごして、ごはんでも食べましょうとのこと。

つまり、自分がバンコクに滞在する5日間は、ウボンラチャタニにいて、マッサージを受けられないことになります。

なので、マッサージをしてもらうことにしました。「先にシャワーを浴びてからにしようか」と言ったところ、Dちゃんも察してくれて、「OKナ」と言って浴室へ。

Dちゃん、シャワーを終え、タオル1枚巻いた状態で、マッサージを開始です。

もう、次にやることは分かってるのに、ずれたタオルを直すとかしきりに恥ずかしがっているのがかわいかったです。

全身マッサージが大体終わったところで、「もう元気ナ」と指さしてきたので、「ミーアライカンマイ(エッチする)?」と聞いたら、「OKナ」とスムーズな流れで、ブンブンしました。

チップは、交通費込みで、4000バーツあげました。

次は、キンカオしに行くことにしました。バイヨークスカイホテルからラチャダムリ通りに出て、徒歩で南に歩きました。

 

f:id:fatmantaka:20160912201624j:plainラチャダムリ通りとペッチャブリ通りの交差点付近です。ピンクのカオマンガイの店もこの近くにあります。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201625j:plain

ペッチャブリ通りを南に渡ったところに、パッタイ屋台があり、ここでキンカオすることにしました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201627j:plain

今回のタイ旅行で、現地初のタイ料理です。このパッタイ、普通においしかったです。2人で100バーツでした。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201626j:plain

この子がDちゃんです。 この後、タクシーを拾い、「チョークディーナ」と言って帰って行きました。 

自分は、ラチャダムリ通りを北に、バイヨークスカイホテルに向かって歩いて行きました。

けっこう、この通り沿いに、マッサージ屋さんがありました。

 

 

 

バイヨークスカイホテルに向かって、ラチャダムリ通りを歩いた様子はこの動画です。

 

 

8.マッサージISSEIで初日のエロ締め 

f:id:fatmantaka:20160912201629j:plainラチャダムリ通りからバイヨークスカイホテルまでのソイがあり、そのソイラチャプラロップ3沿いには、マッサージ屋がたくさんありました。

まだ、揉まれたいという欲望から、「ISSEI」というマッサージ屋さんに突入、理由は単純、店前に待機しているプーイン達がエロさを醸し出しており、何かが期待できたからです。

Nちゃんというプーインが付きました。なかなか、かわいらしくおっぱいも大きい25才のプーインでした。

オイルマッサージ1時間を選択、500バーツです。

2階の個室でしたが、入口はカーテンがたよりなさげにヒラヒラしてるだけの感じで、すぐ近くには、団体客がフットマッサージ中で、これは、エロはないなと感じました。

しかし、オイルマッサージです。やはり、きわどいところを寸止めで触ってきて、息子が反応したところで、すかさず、「ピセーいかがですか?手ならOKナ」とお誘いがあり、「タオライ?」と聞いたら、「2000バーツナ」とのボッタクリ価格が提示されました。

でも、やっぱり、Noと言えない日本人は、「OKナ」と承諾してしまったのでした。それと、2000バーツ払うんだから、結局は、ブンブンできるのではないかという期待もありました。

しかし、サービスは最悪でした。さすがに、脱いでくれるものと思っていましたが、ブラの上から触らせるだけ、ひたすら、しごいているのみでした。自分は、その場の雰囲気に割と影響されやすく、一方的に、早く終われという雰囲気を感じてしまうと、元気がなくなってしまう性質です。

最終的には、FINISHしたけどね。

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201628j:plain

これが、問題のNちゃんです。サービスは良くなかったけど、性格は明るくていい子でした。ただ、がめつく、さらに、200バーツのチップを取られてしまいました。

 

ここを出て、ラチャダムリ通りの道向こうのセブンイレブンガッパオライスの夜食を買って、ホテルへ戻りました。

 

 

 

セブンイレブンで買い物した動画です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160912201630j:plain

いつも寝る前のこのセットが恒例になっています。

それではおやすみなさい!

2016-03月 タイ旅行 8日目 (最終日)

タイ旅行 2016-03月 タイ旅行(3月11日~3月19日)

2016年3月18日(金)

1.ダブルワンバイアスピラ チェックアウト

今回のタイ旅行も、いよいよ最終日を迎えました。

昨日も、寝たのが5時ぐらいだったのですが、チェックアウトの時間は、確か11時か12時に決まっています。

10時過ぎに起きて、急いで、荷物の支度をして、1階のレセプションに降りて行き、チェックアウト後、荷物は預かってもらって、出かけることにしました。

 

2.スクンビットソイ11/1の「NIRAON」マッサージへ

まだ、眠かったので、もうひと眠りするつもりで、ダブルワンバイアスピラホテルから徒歩1分の、同じスクンビットソイ11/1にある「Niraon」というマッサージへ行きました。

こじんまりした店です。プーイン3人体制の感じでした。

ブンブンもした馴染みのプーインNちゃんに、フットマッサージ1時間をリクエストし、しばし、熟睡しました。

フットマッサージ300バーツとチップ200バーツあげました。料金からするとチップの比率が高すぎるかな、でも、ケチケチしないのがお互いサバ~イサバ~イです。

「また後で来るね~」と社交辞令を言って、この店を出ました。

所持金があぶなくなってきたので、スクンビットソイ11に出て、ATMで5000バーツをキャッシングしました。

けっこう細かく出費の計算をしてきても、最終日になると、いつも必ず足りなくなります。特に、ゴーゴーバーでの出費、これが一番読めない部分です。

 

3.BTSナナ→プロンポン→エンポリアムデパートのフードコートで昼食 

f:id:fatmantaka:20160831215016j:plain

f:id:fatmantaka:20160831215017j:plain遠出もしていられないので、一応、1DayPassを140バーツで購入し、BTSナナ駅からからプロンポン駅に向かいました。 

 

 

BTSナナ駅の地図です。

 

BTSプロンポン駅で降り、駅直結のエンポリアムデパートへ、お腹も空いていたので、フードコートに行くことにしました。 

 

エンポリアムデパートの地図です。 

 

 f:id:fatmantaka:20160831215024j:plain

エスカレーターで4Fまで上がりました。

正式名称は、「EMPORIUM FOODHALL」のようです。

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215019j:plain

このレセプションで 、カードを受け取りました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215018j:plain

カード外観は、こんな風になっています。このカードを使って、注文した料理店で、支払い(カードに金額を入れる)し、最後に精算するシステムです。  

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215020j:plain

タイ料理を始め、日本食、韓国料理、ベトナム料理なども、取り揃えている感じでした。

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215022j:plain

f:id:fatmantaka:20160831215021j:plain

カイジャオ+ご飯、トムヤムクン、コーラ の組み合わせで、175バーツでした。フードコートの良い所は、「安い・清潔・涼しい」の3点につきると思います。 

食事後は、レセプションに行って、このカードを渡して、175バーツを支払いました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215023j:plain

ベンチャシリ公園が、いい眺めでした。

 

4.BTSプロンポン→BTSナナ→再度ソイ11/1の「NIRAON」マッサージで今回のエロ締め

この時点で、15:00近くになっていました。

空港がドンムアンで、飛行機が23:45発、余裕を持って、出発の3時間前の20:30には空港に着いていたい。

夕方の渋滞時間だから、タクシーを使い、ホテルのあるスクンビットソイ11/1からドンムアン空港まで、多めに見て2時間、そうなると18:30には、タクシーに乗らなきゃな~

とか考えつつ、通常なら、最終日は、スクンビットソイ24/1辺りのエロマッサージで旅行のしめをするのですが、今回は、時間の関係で断念しました。

ということで、BTSでプロンポン駅からナナ駅まで戻り、一旦、ダブルワンバイアスピラホテルのあるスクンビットソイ11/1に戻ってきました。

 

 

BTSナナ駅の地図です。

 

 

ダブルワンバイアスピラホテルの地図です。

 

ホテルに直行して、荷物を取りに行って、そのまま、タクシー拾ってドンムアン空港直行のつもりだったのですが・・・、

ホテルに帰る途中、例の「Niraon」マッサージの前で、馴染みのプーインNちゃんが手招きしており、「じゃあ、ここで、エロのしめをするか!」と即決し、店に入りました。

名目上は、タイ古式マッサージ2時間をリクエストです。

Nちゃん、マッサージは普通に上手です。

マッサージを1時間ぐらいやったところで、股間あたりのタッチが始まり「スペシャルいかがですか?」と聞かれ、本当は、「ブンブン」に行きたかったのですが、所持金が5000バーツぐらいの少なさだったので、「手+口」のサービスをお願いし、無事FINISHでき、旅行のしめをすることができました。

Nちゃんには、タイ古式マッサージ700バーツ+スペシャル1000バーツ+チップ300バーツあげました。

そして、Nちゃんに「チョークディーナ」と言って、この店を後にしました。

 

5.スクンビットソイ11→ドンムアン空港

徒歩1分のダブルワンバイアスピラホテルに荷物を取りに行って、スクンビットソイ11でタクシーをつかまえて、ドンムアン空港に向かいました。

せっかく、路上で流しのタクシーをつかまえたつもりだったのに、メーターを使わない運転手で、ドンムアン空港まで、「500バーツ」と言われたけど、そんなに高くないし、交渉もめんどくさかったので「OK、OK」と、多少投げやりに、乗った訳です。

この時点で、18:00です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215025j:plain

19:45にドンムアン空港に到着、スクンビットソイ11から約1時間30分かかりました。

 

 

ドンムアン空港の地図です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215026j:plain

タイエアアジアXのチェックインカウンターです。  

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215027j:plain

預け荷物の重量、16.5kgでした。ほとんど、おみやげみたいなものは買ってないからね~。 

 

 

f:id:fatmantaka:20160904145332j:plain

「タイエアアジアX XJ600

2016年3月18日(金)23:45ドンムアン空港発→

2016年3月19日(土)8:00成田空港第二着」 で帰りの飛行機です。

この薄っぺらなボーディングパス、本当にこんなんでいいのかと不安になります。 

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215029j:plain

ドンムアン空港は、スワンナプーン空港に比べると、おみやげ屋さんとかも少ないです。 

  

 

f:id:fatmantaka:20160831215030j:plain

ただし、ドンムアン空港には、「Fujiレストラン」 がありました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215031j:plain

今回の旅行の最後の食事です。「PiriPiri 」というハンバーガー屋、この内容で、343バーツでした。

 

 

f:id:fatmantaka:20160831215032j:plain

ここまで来ると、今回も終わったなあという気持ちと、また、すぐにでも来たいなあっていう気持ちの両方が出てきます。 

  

 

f:id:fatmantaka:20160831215033j:plain

最後の機内食、 う~ん、やっぱり、あまりアロくなかったです。

 

また、近いうちに、タイに遊びに来れるよう、仕事に励みたいと思います。なんたって、海外旅行のために仕事をがんばるエロサラリーマンですから。 

2016-03月 タイ旅行 7日目

タイ旅行 2016-03月 タイ旅行(3月11日~3月19日)

2016年3月17日(木)

1.BTSナナ→アソークへ移動

タイ旅行も終盤、今日が最後の宿泊日となります。 

昨夜は寝るのが遅かったので、ほぼ、正午まで熟睡しました。

今日は、特に昼間の観光の予定はないため、スクンビット周辺をうろうろすることにしました。

 

f:id:fatmantaka:20160825063257j:plain

今日もBTSナナから出発。お馴染みの1DayPassを140バーツで購入。デザインは4日連続で、この象さんです。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063258j:plain

スクンビットソイ7、ビアガーデンの看板が見えました。ここも援交カフェで有名ですね。テーメーカフェみたいに日本人は行かないらしい。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063259j:plain

14:00近くのBTSは、人が少なくて落ち着きます。まあ、学生さんがいないのは寂しいですが。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063300j:plain

英語のNaNaタイ語นานา 文字の関係が分かりやすいですよね。少しでもタイ語が読めると、楽しくなってきますよ。

 

2.アソーク付近ブラブラ散歩

f:id:fatmantaka:20160825063301j:plain

BTSアソーク駅で降りて、ロビンソンの辺をうろうろ。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063302j:plain

さすが、スクンビット通り、常に渋滞です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063303j:plain

自分にとっては憧れの5つ星ホテル、グランデセンターポイントホテルターミナル21がそびえ立っていました。

「いつの日か、泊まってやるぞ、5つ星」

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063304j:plain

f:id:fatmantaka:20160825063305j:plain

スクンビットソイ19、この辺もいつか泊まりたいです。

 

 

3.BTSアソーク→プロンポン→イムチャンで食事

次は、遅い昼食をとるため、BTSアソーク駅からプロンポン駅に向かいました。

 

f:id:fatmantaka:20160825063306j:plain

プロンポン駅から歩いて1分、また来ました、イムチャンです。今日は、パップンファイデーンとカイダーオを注文しました。57バーツでした。

 

 

イムチャンの地図です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063307j:plain

この辺で、自分は、NANTRAスクンビット39というホテルにも泊まったことがありますが、デパート(エンポリアム)、古式マッサージ(ソイ24)、エロマッサージ(ソイ24とソイ24/1とソイ26)、タイ料理、日本料理、屋台には困りません。

特にソイ24/1は、エロマッサージの聖地となってます。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063308j:plain

f:id:fatmantaka:20160825063309j:plain

イムチャンの外観です。

 

 

4.スクンビットソイ24の「ROYAL LEGACY」マッサージへ

イムチャンで食事後は、マッサージのROYAL LEGACYへ向かいました。スクンビットソイ24に入って左側でマッサージ屋が3軒並んでいる真ん中の店です。

いつものDちゃんに、フットマッサージを注文、1.5時間で350バーツでした。終わってから、いっしょにMKに行こうという話になりました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063310j:plain

f:id:fatmantaka:20160825063311j:plain

f:id:fatmantaka:20160825063312j:plain

その前に、ほぼ隣にあるセブンイレブンでコーヒー買ってきて、いっしょに飲みました。2人分で48バーツ。左のプーインが、Dちゃんです。

 

5.「ROYAL LEGACY」マッサージのDちゃんとターミナル21のMKで食事

マッサージ店とは言え、仕事中の連れ出しなので、ペイバーみたいな感じで、1時間250バーツを払いました。

Dちゃんが着替えるのを待って、いっしょに、BTSでプロンポン駅からアソーク駅へ移動し、ターミナル21の4FにあるMKへ行きました。

  

 MK@ターミナル21の地図です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063316j:plain

MKも今や、タッチパネルで注文するようになってました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063313j:plain

具もたくさんの種類から選べます。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063314j:plain

スープはあっさり味なので、ついてくるピリ辛のタレを入れるとかなりおいしいです。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063315j:plain

そして、恒例の記念写真です。ここでの支払いは合計で716バーツでした。

彼女から、ホテルに一緒に行きたいとのお誘いがありましたが、また次な~とやんわりお断りしました。

今日はタイ旅行のラストナイト、行かなければならないところがたくさん予定されているためです。

 

6.NANAプラザへ(見学のみ)

f:id:fatmantaka:20160825063317j:plain

f:id:fatmantaka:20160825063318j:plain

ナナプラザに行きました。ナナプラザではペイバーしたことがありません。今回も1階から3階まで、うろうろ見学して、入ったのは、レインボー4(コーラ155バーツ)とスパンキーズ(コーラ140バーツ)のみで、ペイバーなしでナナプラザを後にしました。

 

 

ナナプラザの地図です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063319j:plain

ナナプラザ前の色んなものが入り混じってる雰囲気は好きです。

 

7.ソイカウボーイバカラへ→2FのMちゃんペイバー→自分のホテルでブンブン

そして、次はソイカウボーイへ移動します。

 

ソイカウボーイバカラの地図です。

 

今回の滞在中で4回目となるバカラ、完全に、デックサーブらに顔を覚えらました。遠慮というものがまるでなく、最後の夜というのに、落ち着いて飲めませんでした。(コーラですが)

 

【本日のバカラ内出費】

自分のコーラ:180Bx3杯=540B

デックサーブのドリンク:200Bx3杯=600B

嬢へチップ:100Bx1人=100B 

デックサーブへチップ:100Bx2人=200B 

ペイバー:600B

ペイバードリンク:200Bx2杯=400B 

合計2440B

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063320j:plain

f:id:fatmantaka:20160825063321j:plain

バカラの2Fのプーインをショートでペイバーしました。ソイカウボーイからソイ11/1のホテルまでタクシー代は100バーツでした。

このMちゃんは、チャイヤプーン出身の25歳とのこと。ベッドでは、逆体位の69など、かなり乱れた感じがよかったです。

ショートのチップ3000バーツとタクシー代500バーツあげました。

今回の旅行中、バカラで2人、ペイバーしましたが、2人共、性格もサービスもいい子で、もしかしたら、バカラプーインが全員そうなのかっていう錯覚に陥りました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063322j:plain

Mちゃん、化粧が濃い目だったけど、多分、すっぴんでもかなりかわいいと思われます。

LINE交換して、タイムラインで、日常の写真を見たら、ああ、やっぱりな~っていう感じでかわいかったです。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063323j:plain

ホテル近くのソイ11の屋台でキンカオしました。

なぜ、そんなに?というぐらい、注文して、やっぱり残していました。タイ人ってわからない時があります。全部で340バーツでした。

もう2時過ぎてました。「コップンカー」と言って、タクシーでさっそうと去って行きました。

 

8.テーメーカフェのYちゃんからLINE→ブンブンへの展開

じゃあ、今日は、早めに寝るかな~とベッドに入って、スマホをいじっていると、LINEで「いっしょにたのしいしたいですね」とおとといのテーメーカフェのプーインYちゃんから入ってきました。

「わたしはあした日本へ帰ります。また会いたいね」と返信したところ、「きょうはだめですか?」とまさかの交渉始まり。

ここで、「No」と言えず、「OK」と言うコンイープン。

その結果、30分後には、自分のホテルの部屋にYちゃん、ちゃっかり来てました。

 

f:id:fatmantaka:20160825063324j:plain

Yちゃん、今日の服、かわいいけど、ちょっと、う~ん?妙にお腹が出っ張って見えるのが惜しいよね。

 

 

f:id:fatmantaka:20160825063325j:plain

堀ちえみ似でハスキーボイスのかわいい子です。演技のあえぎ声が下手くそでそれもまたかわいい!

結局、今回は不発でした。(バカラのMちゃんとのブンブン直後ということを言いわけにします)

朝まで一緒に寝ようかって、ベッドで抱き合って寝始めたんだけど、急に、「コンタクトレンズをつけたままだと寝れないです。帰ります」と言い始めました。

まあ、そういうこともあるかって、別に怒りを感じることもなく、帰してあげることにしました。

チップは、ショート代金2000バーツとタクシー代200バーツあげました。

ホテルの入口まで送って、バイバイしました。

 

今日はここまでです。

おやすみなさい。

2016-03月 タイ旅行 6日目

タイ旅行 2016-03月 タイ旅行(3月11日~3月19日)

2016年3月16日(水)

1.BTSナナ→サイアム(シーロム線に乗換え)→サラデーンへ

朝方4時頃に寝て、朝10時に起きるというリズムになっています。しかし、昼・夜の観光を楽しんでいると、ホテルでゆっくりなんかしてる時間はありません。こういう風にしたくて、タイに来ているようなもんですから。

しかし、バンコクで昼の観光らしいこと、まだしてなかったので、今日は、王宮周辺に行ってみることにしまいた。

 

f:id:fatmantaka:20160819175749j:plain

出かける前に、このスナックの袋で撮ってみました~。イエ~い。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175750j:plain

今日もBTSナナから出発。1DayPassを140バーツで購入。デザインは3日連続で、この象さんです。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175751j:plain

毎日、見慣れた、BTSナナの窓口です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175752j:plain

ナナ駅から見た、南側の風景です。新しいホテルが出来るのでしょうかね。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175753j:plain

モーチット方面へのプラットホームから乗り、SIAMでシーロム線に乗り換え、サラデーンを目指します。

 

2.タニヤ付近のDDマッサージへ(ブンブン有)

f:id:fatmantaka:20160819175754j:plain

DDマッサージというマッサージ店に行きました。BTSサラデーンから徒歩2分ぐらいのところです。まともなマッサージを受けるつもりだったのですが、結果、このプーインとブンブンまで行ってしまいました。

フットマッサージ1時間+タイマッサージ1時間で合計450バーツでした。この値段は安い感じでしたね。

が、ブンブンは3000バーツと言われ、ここで、「メダ~イ(No)と言えない日本人」は、「ダーイ」と言い、ブンブンに進んでしまったのでした。

ただし、内容は、満足できるものでした。恐るべし・・・

LINE交換して、バイバイしました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175832j:plain

DDマッサージの地図です。

 

3.MRTシーロム→フアランポーン→トゥックトゥックでパッタイのTHIPSAMAIへ

f:id:fatmantaka:20160819175755j:plain

エロがよかったとは言え、マッサージで約3500バーツは少し高かったな~と考えつつ、MRTシーロム駅までとぼとぼ歩きました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175756j:plain

ここシーロム駅から2駅先のフアランポーン駅に向かいました。料金は、19バーツでした。

 

 

MRTフアランポーン駅の地図です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175757j:plain

MRTフアランポーン駅前で待機していたツクツクに乗り、パッタイで有名なTHIPSAMAIに向かいました。料金は180バーツと言われたけど、まあ、観光地だからいいか~。

  

 

f:id:fatmantaka:20160819175759j:plain

ツクツクは、夜は風が気持ちいいけど、日中は生ぬるい風とプロパンガスのにおいしか感じない。でも、一番、タイを感じられるものですね。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175800j:plain

f:id:fatmantaka:20160819175801j:plain

f:id:fatmantaka:20160819175802j:plain

f:id:fatmantaka:20160819175803j:plain

f:id:fatmantaka:20160819175804j:plain

ツクツクのおじさん、迷うことなく、THIPSAMAIに到着。所要時間は約15分でした。

 

 

4.パッタイのTHIPSAMAIで食事

THIPSAMAIの地図です。

 

f:id:fatmantaka:20160819175806j:plain

THIPSAMAIの道向かいにはセブンイレブンがありました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175805j:plain

16:30に到着しましたが、まだ準備中でした。この店は、17:00開店のようです。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175808j:plain

もう少しで、17:00というところ、お客さんの行列が出来始めています。ファラン、中国人が多い気がしました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175809j:plain

17:05、中に入り、席につきました。メニューはこんな感じです。見た感じは、普通のパッタイか、オムレツ風のパッタイかのどちらかのようです。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175810j:plain

リコメンドと書いてあった、オムレツ風パッタイを注文しました。この写真は卵焼きに包まれた状態。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175812j:plain

この写真は卵焼きの中身の状態です。パッタイ90バーツ+水17バーツで合計107バーツでした。

どうなんでしょう、おいしいはおいしいのですが、特別おいしいとは感じませんでした。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175811j:plain

お客さんは、観光客は中で食べ、タイ人はお持ち帰りする人が多いようです。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175813j:plain

記念品にこのステッカーをもらいました。ホテルに帰ってさっそく自分のスーツケースに貼りました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175814j:plain

目的のTHIPSAMAIでパッタイ食べて、もう18:00近くになってました。

 

 

5.THIPSAMAI付近→BTSラチャテウィー→ナナ→自分のホテル

まだ明るいですが、お寺とか行ってる時間はないので、一度、着替えにホテルに戻ることにしました。

しかし、この辺は、タクシーとかツクツクやモトサイが待機しておらず、結果、ツクツクをつかまえましたが、いやあ、時間がかかりました。

 

f:id:fatmantaka:20160819175815j:plain

やっとのこと、セブンイレブンのところでつかまえたツクツクの兄さんです。

BTSナショナルスタジアムに向けて出発です。200バーツって言われたけど、仕方ありません。

この時間帯、ものすごい渋滞でした。この通りから色々回り道して、気付くと、目の前にBTSラチャテウィー(BTSサイアムの1駅隣)があったので、ここで降ろしてもらいました。

 

 

 

BTSラチャテウィー駅の地図です。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175816j:plain

BTSラチャテウィーからナナに戻り、ホテルに帰りました。

 

 

 

ホテル(ダブルワンバイアスピラ)の地図です。

 

ホテルに戻り、シャワーを浴び、着替えて少しベッドで横になり、夜の部に備えました。

 

6.BTSナナ→トンロー→ルーフトップバー「オクターブ」@JWマリオットホテル

夜の部は、まず、BTSでナナからトンローまで行くことにしました。

 

f:id:fatmantaka:20160819175817j:plain

ナナ駅のプラットフォームから見えた、夜のソイ7/1、エデンクラブやDr.BJ's Salonなどマニア向けのエロ店が実に怪しい。(でも、行ってみたい)

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175823j:plain

BTSトンロー駅に到着後、そこから、歩いて5分ぐらいのJWマリオットホテルへ向かいました。

このホテルの屋上にあるルーフトップバー「オクターブ」が目的の場所です。

 

 

ルーフトップバー「オクターブ」の地図です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175819j:plain

f:id:fatmantaka:20160819175822j:plain

f:id:fatmantaka:20160819175818j:plain

f:id:fatmantaka:20160819175821j:plain

f:id:fatmantaka:20160819175820j:plain

夜景って上手く撮れないです。これらの写真は、その中でもましなものを選びました。

 

 

7.BTSトンロー→アソーク→ソイカウボーイバカラ

f:id:fatmantaka:20160819175824j:plain

JWマリオットホテルを出て、再び、BTSトンロー駅へ移動です。

 

 

 f:id:fatmantaka:20160819175825j:plain

BTSでトンローからアソークへ行き、ソイカウボーイのバカラへ向かいました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175826j:plain

23:00、今日も来ましたバカラです。さあ今日はペイバーするぞ~と中へ入りました。

 

 

 

バカラの地図です。

 

 

今回の滞在中で3回目のバカラ、さすがに、デックサーブらに顔を覚えられてきました。一人で自分のコーラだけ飲んで過ごせませんでした。

1Fで、May-J似のかわいらしいプーインを発見、アイコンタクトで自分の席に来てもらいました。名前はNちゃんで、話してみると、なかなか、性格もよさそうな感じだったので、そのまま、ペイバーしました。

 

【本日のバカラ内出費】

自分のコーラ:180Bx3杯=540B

デックサーブのドリンク:200Bx2杯=400B

嬢のドリンク:200Bx1杯=200B 

嬢へチップ:100Bx2人=200B 

デックサーブへチップ:100Bx2人=200B 

ペイバー:600B

ペイバードリンク:200Bx2杯=400B 

合計2540B

 

 

8.ソイカウボーイバカラ1FでNちゃんペイバー→自分のホテルでブンブン→一緒に屋台でキンカオ

バカラでペイバーしたNちゃんと、TAXIでソイ11/1のホテルまで移動、100Bでした。

 

f:id:fatmantaka:20160819175827j:plain

ウボンラチャタニ出身でレインボー4にもいたことがあるというこのNちゃん、本当に性格もサービスもよかったです。バカラの1Fのプーインは、あまり、いい話は聞きませんが、今回、自分はラッキーだったと思います。

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175828j:plain

いやあ、本当にいい子でした。大満足です。LINE交換も、無事完了しました。

ショート3000バーツ+TAXI代200バーツ=合計3200バーツあげました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175830j:plain

Nちゃんも、終わった後、早く帰りたいオーラを発することなく、ホテル近くのソイ11屋台で一緒にキンカオしました。2人で240バーツでした。

この時点で2:45になっていました。このまま、TAXIでラチャダーのアパートに帰ると言ってました。

 

 

 

f:id:fatmantaka:20160819175831j:plain

近くのセブンイレブンでおにぎりとゆでたまごを買ってみましたが、結局、勇気がなく、食べませんでした。 

本日はここまでです。

おやすみなさい!

2016-03月 タイ旅行 5日目

タイ旅行 2016-03月 タイ旅行(3月11日~3月19日)

2016年3月15日(火)

1.BTSナナ→「ROYAL LEGACY」マッサージのDちゃんとキンカオ@ターミナル21(Fujiレストラン→SWENSEN'S)

今日も朝ゆっくり起きました。「ROYAL LEGACY」マッサージのDちゃんと昼食を一緒に食べようと約束してたので、ターミナル21へ向かいます。

  

f:id:fatmantaka:20160813183930j:plain

BTSナナから出発。今日もとりあえず、1DayPassを140バーツで購入。デザインは昨日と変わらず、1種類しかないのかな?

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183931j:plain

ベーリング方面へのプラットホームから、1駅先のアソークへ向かいます。(まだ突撃したことないですが、)エデンクラブやDr.BJ's Salonなどマニア向けのエロ店が多い、ソイ7/1が下に見えます。

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183933j:plain

BTSアソークに到着、直結のターミナル21へ!

 

 

ターミナル21の地図です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183932j:plain

平日の昼間なのに、人が多いです。

 

 

f:id:fatmantaka:20160818185348j:plain

(写真はネットからもらいました。)

4Fの日本食Fujiレストランで待ち合わせです。平気で時間に遅れるのがタイ人、しかし、なんとこのDちゃん、時間通りに現れました。

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183934j:plain

まず、Fujiレストランのテンモーパン(すいかジュース)、本当にアロくておすすめですよ。

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183936j:plain

焼きそば、サバ塩焼き、玉子焼き、彼女は、カリフォルニアロールを注文、おいしそうに食べてました。

  

 

f:id:fatmantaka:20160813183937j:plain

そうそう、記念写真も忘れずに!これだけの注文で880バーツでした。

 

 

f:id:fatmantaka:20160818185349j:plain

(写真はネットからもらいました。)

Fujiレストランで食事後は、同じく4Fのアイスクリーム店のSWENSEN'Sに行きました

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183938j:plain

f:id:fatmantaka:20160813183939j:plain

おっと、ここでも記念写真!彼女は生クリームが苦手で、僕の皿に勝手に移してますね。この店では、2人で214バーツでした。

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183940j:plain

ターミナル21のエスカレーターはむき出しの所に設置されていて、いつ乗ってもこわいです。

 

 

2.ターミナル21→Dちゃんと自分のホテルへ→ブンブン

今日は、彼女、お休みを取ったようです。ホテルの涼しい部屋で休みたいと言われました。おっとこれは・・・食事後の予定も特になかったので、断る理由はなく、2人でBTSでナナまで乗り、ホテルに直行しました。

ホテルで、Dちゃんは、本当にリラックスした感じでテレビを見て泣いたりもしていました。その横で自分はおとなしく添い寝してましたが、結果は、ブンブンまで行きました。

チップは3000バーツあげました。 

 

 

3.BTSナナ→サラデーン→タニヤへ

Dちゃんが帰った後は、少し、寝てから、夜の部の開始です。まず、タニヤへ行きました。

 

f:id:fatmantaka:20160813183941j:plain

f:id:fatmantaka:20160813183947j:plain

f:id:fatmantaka:20160813183942j:plain

スワイスワイなプーインで熱気ムンムンです。

 

 

4.タニヤのゴールドカレーで食事

f:id:fatmantaka:20160813183943j:plain

お腹が空いていたので、ちょうど目に留まったゴールドカレーというカレー店に入りました。

 

 

ゴールドカレーの地図です。

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183944j:plain

ガッパオカレーを注文しました。普通においしかったです、でも、量がちょっと多すぎた。

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183945j:plain

店内の様子です。

 

結局、タニヤは、通りを行って戻っただけで、どの店にも入りませんでした。

今回は行きませんでしたが、「Miyuki」は店長が日本人のタクヤさんという人で、ニコニコしながらいい娘を紹介してくれますよ。自分は3回、この店を利用しています。

 

 

5.ソイカウボーイバカラへ(本日は見学のみ) 

f:id:fatmantaka:20160813183948j:plain

そして、また、バカラへ来ちゃいました。来るまでにBTS利用しましたが、ハッキリ言って面倒くさい、次回はTAXIにしたいと思いました。

一杯180バーツのコーラを3杯飲んで粘りましたが、選びたい娘が多すぎて、今日も選べず、見学のみでペーバーなしとなりました。でも、見てるだけでも幸せになります。

 

 

バカラの地図です。

 

 

6.テーメーカフェへ→Yちゃんと交渉成立→屋台でキンカオ→自分のホテルでブンブン

そうなると、やはり、次はテーメーカフェです。最後の砦です。ホテルがスクンビットソイ11/1なので、バカラからテクテク歩いて、テーメーカフェでプーインGETして、ホテルに持ち帰るつもりで行きます。

 

テーメーカフェの地図です。

入口で、コーラ60バーツ支払い、 店内を一周半ウロウロ、日本語OKのかわいいプーイン発見、名前はYちゃんです。もう、時間も午前2時近かったので、即ペイバーしました。

ここからホテルまでは、ゆっくり歩いて10分かからない距離です。「お腹空いてる?」って聞いたら、「そんなこと聞かれたの初めてです。」と嬉しそうな感じだった。

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183950j:plain

「何か食べたい」ということになって、Yちゃんと、キンカオした時の写真です。クイッテイオ2人分で140バーツでした。

 

 

f:id:fatmantaka:20160813183952j:plain

f:id:fatmantaka:20160813183953j:plain

このYちゃんは、タニヤ嬢もやっているとのことで、一旦今はタニヤから離れているので、テーメーにお小遣い稼ぎに来てるとのこと。来月からは、また、タニヤで働くんだよって言ってました。タニヤ嬢なら、日本語が上手なわけです。

ハスキーボイスで一見昔の堀ちえみ似のかわいい子でした。

ブンブンの時に、偽のあえぎ声を出して、自分でそれがおかしいって言ってケラケラ笑っていました。

チップはショート2500バーツでした。楽しかったので、500バーツ追加であげました。

LINE交換して、バイバイしました。

本日は以上です。おやすみなさい。