タイ好きおやじTAKA49の日記

海外旅行のために仕事をがんばるエロサラリーマンの日常

2017年12月 タイ旅行2日目(12月25日) パタヤ2日目

1.DEEP BLUE Z10 チェックアウト→センタンでキンカオ

f:id:fatmantaka:20180106174141j:plain

f:id:fatmantaka:20180106174228j:plain

清々しい朝を迎える。バルコニーに出てみると、少し肌寒い。昨日は夜で見えなかったパタヤ湾がきれいに見える。Pちゃんは、まだベッドの中でモソモソしている。

 

今日はジョムティエンに移動する。DEEP BLUE Z10ホテルをチェックアウト。

 

二人でセンタンに歩いて行く。まずは、キンカオだ。

 

f:id:fatmantaka:20180106174308j:plain

Pちゃんとセンタンのブッフェレストランで昼食を取る。二人で658Bとお高めだが、ステーキも好きなだけ食べれる。

 

2.ソンテウでジョムティエンに移動→SIMカードにチャージ→二人でマッサージへ

f:id:fatmantaka:20180106174547j:plain

センタンのビーチロード側から、ソンテウでジョムティエンに向かう。

 

Wストリート付近のタイ料理店の前で一度降りる。二人で、ここまで20B。

 

歩いてセカンドロードに出て右折すると、学校があり、この辺にジョムティエン行きのソンテウが並んでいる。ここから、ジョムティエンまでも20B、こんなに安い交通手段はありがたい。

 

12時半ごろにVIEWTALAYホテルに到着。今、部屋の清掃中なので、あと1時間後にチェックインして下さいとのことで、荷物だけ預けて、Pちゃんと近くのマッサージで時間をつぶすことにする。ぜいたくな時間の使い方だな。

 

その前にセブンに寄る。

 

f:id:fatmantaka:20180106175208j:plain

今回ドンムアンで購入したSIMカードだが、どうやら購入時の注文の言い方を間違えたらしくて、日本に電話が通じない。

Pちゃんにタイ語のメッセージを聞いてもらったところ、通話のための残高がないらしい。

通話するためには、このSIMの番号にチャージすればいいとのこと。セブンの前にマシンがあって、それでチャージができるらしい。

Pちゃんが操作をやってくれて、このSIMカードの電話番号に100B分をチャージ。すぐにショートメールが来て、通話が可能になったことを確認。

今日はひとつ、すごいことを覚えた感じだ。

アイスクリームを買って、ひとつのアイスクリームを二人で食べながら、マッサージ屋へ向かう。おやじは、ラブラブ感に酔いしれる。

マッサージ店では、自分はフット、Pちゃんはタイマッサージを受ける。

 

マッサージ終了後は、近くのFINDIGに行き、Pちゃんにサンダルを買ってあげた。

 

3.ジョムティエンのVIEWTALAYホテルにチェックイン

f:id:fatmantaka:20180106174757j:plain

f:id:fatmantaka:20180106183224j:plain

f:id:fatmantaka:20180106174912j:plain

f:id:fatmantaka:20180106174940j:plain

そして、改めて、チェックインする。12階で、海が見える見晴らしのよい部屋だ。お値段は、一泊1500B。

 

4.ジョムティエンビーチ→ジョムティエンナイトマーケット→VIEWTALAYホテル

f:id:fatmantaka:20180106183459j:plain

少し休んでから、夕方涼しくなった頃を見計らって、二人でジョムティエンビーチに行ってみる。

 

f:id:fatmantaka:20180106175804j:plain

f:id:fatmantaka:20180106175724j:plainパラソルの場所を取って、売り子の揚げ物を買って、コーラとココナッツジュースで乾杯。彼女は、ソムタムをも注文、辛いのがいいんですと言ってパクパク食べていたが、そのうち、もう辛くて食べれませんと笑わせてくれる。試しに食べてみると、かなり辛かった。

 

f:id:fatmantaka:20180106175832j:plain

きれいな夕陽をバックに写真を録った。何枚か撮った中には満足できるものもあった。やっぱり写真は一杯撮らなきゃね。

 

f:id:fatmantaka:20180106175923j:plain

宵闇が忍び寄ってきたので、ジョムティエンのナイトマーケットに行くことにし、二人でモトサイに乗り込む。こんなのが楽しいな。

 

f:id:fatmantaka:20180106180006j:plain

ここでは、白の薄手の服を買ってあげた。彼女の嬉しそうな顔を見るのが、こちらも嬉しい。スイカジュースが美味しい。

 

f:id:fatmantaka:20180106181008j:plain

モトサイでホテルに戻り、買ってきたケーキやパッタイを食べてまったりする。

そのうち、お腹がすいちゃったので、カップ麺を食べたいと言う。かわいさ全開じゃないか。笑いながら、二人でセブンに買い物に行く。あまり空腹ではなかったが、自分も弁当を買った。

このホテルはコンドミニアムなので、洗濯機や湯沸かしポットなどが揃っているので何かと便利。

TVを見てまったりする。まったりし過ぎて、そのまま寝てしまいそうだったので、ハッスルをお誘いしてみるが、応じないので、TVを切って半ば強引に・・・。ク★ニは嫌だったようだ。いい声出してるのにな~。

そういう雰囲気だと、何だか息子も不機嫌だ。彼女に少し手伝ってもらい、ハッスルするが、フィニッシュも素早かった(泣)。なんだか、後味が悪いな~。

でも、その後は、何事もなかったように、二人で眠りについた。

2017年12月 タイ旅行1日目(12月24日) 日本出発→パタヤ1日目

1.成田空港へ向け出発

自宅を朝3時、自分で車を運転して地元の高速バス乗場へ出発する。隣接のパーキングに入庫。4日分は無料になるとのこと。寒い、缶コーヒーを買って手を温める。

高速バスは3時40分頃に来て、定刻の3時50分に成田空港に向け出発する。バスの中は暖かい、長袖の服だけできたが、もう寒さの心配は不要だ。コートとか着てくると、荷物が増えてしまうので、寒さを我慢する方がまし。

乗客は10人ぐらいだ。PちゃんにLINEを入れておく。まあ、この時間は既読にならない。

 

2.成田空港第二→バンコクドンムアン空港

f:id:fatmantaka:20180104195917j:plain

成田空港第二には6時50分に到着。スクートのカウンターBへ直行する。3時間前の6時40分から、チェックインは始まっている。まだ、そんなに混んでいない。

手荷物重量はキャリーバッグだけ確認されたので、「10キロってキャリーバッグ以外も荷物全体ですか?」と聞いてみると、「はいそうです。測るのはキャリーバッグですが、大きいボストンバッグなどがあると、測ることがありますよ」とのこと。チェックインは、7時5分には通過した。

 

f:id:fatmantaka:20180104200034j:plain

Pちゃんへのおみやげに、化粧品とお菓子を購入する。自分用にセブンスター1カートン3000円も買っておく。

 

f:id:fatmantaka:20180104200128j:plain

吉野家で、牛丼ではなく、カツカレーを食べる。カツもカレーもあまりおいしくない。普通の牛丼にしておけばよかった。

 

f:id:fatmantaka:20180104200217j:plain

f:id:fatmantaka:20180104200301j:plain

スクートは10時ちょうどに離陸した。機内食はないので、水とコーラを購入。それぞれ350円とやはりお高めだが仕方がない。円での支払いが可能だった。

 

3.ドンムアン空港→TAXIでパタヤ

f:id:fatmantaka:20180104200359j:plain

ドンムアン空港へは14時40分に着陸。出口に近い席だったので、速攻で出てイミグレに早足で向かう。時間帯がよかったのか、あまり混んでいない。

15時10分には、税関を抜けることができた。

SIMカードは、今回7泊9日で7days299Bではギリギリ足りず、15days日コースを購入、599Bだった。

 

f:id:fatmantaka:20180104200432j:plain

TAXI乗場は相当混雑していたが、16時には乗り込みパタヤへ直行する。モーターウェイ代までコミコミで1800Bで交渉OK。

この時期のタイにしては暑くない。ちょうどいい加減だ。

 

f:id:fatmantaka:20180104200454j:plain

試しにメーターを使わせてみたところ、2100Bを超えた。エロ紳士として、メーター分の2100Bを渡す。

 

4.DEEP BLUE Z10ホテルチェックイン

f:id:fatmantaka:20180104200755j:plain

f:id:fatmantaka:20180104200808j:plain

f:id:fatmantaka:20180104200817j:plain

f:id:fatmantaka:20180104200800j:plainパタヤ初日は、ソイ10にあるDEEP BLUE Z10ホテル、バルコニー付きのシービューの部屋だ。一泊3150B。

 

5.Pちゃんと再会→キンカオ→マッサージ→ホテルで就寝

PちゃんにLINEで着いたよって連絡し、センタンで待ち合わせることにする。ビーチロード側を歩き、センタンに向かう。

 

f:id:fatmantaka:20180104201052j:plain

いつものセカンドロード側のTRUE COFFEEでスーブリしながら待つ。一番待ち遠しい時間だ。

 

金髪のPちゃんが現れる。笑顔が少ない感じがするのは気のせいか?さっそく二人で記念セルフィをパチリ、これはいい笑顔だ。

 

f:id:fatmantaka:20180104201018j:plain

地下のフードコートでキンカオ、クイッティオのようなヌードルを食べる。う~ん、なんだか会って嬉しい雰囲気が出ていないぞ。Pちゃんから何も話しかけてこないしな~。

 

f:id:fatmantaka:20180104201124j:plain

食事後は、ビーチロード側の出入口付近にでかいクリスマスツリーがあり、その辺りで、一緒の写真をいっぱい撮った。だんだん、前回会った時のような打ち解けた感じになってきている。

 

マッサージに行こうと誘い、彼女のお気に入りのソイNEW PLAZAのマッサージ屋さんへ向かう。

 

歩いている時に、「実家へはいつ帰るの?」って聞いてみると、「新年になってからです。年末はイサーンへ帰る車の渋滞がすごいんです」とのこと。

 

f:id:fatmantaka:20180104201211j:plain

このマッサージ店で、二人でタイマッサージを受ける。

 

カーテンで仕切らないで、着替えをする感じで、ブラは平気で見せるが、パンティはタオルを巻いて隠してしまう。いつも初々しくてかわいい子。

マッサージ後は、「ちょっと歩きましょうか」と言われて、ソイブアカオやナイトマーケットを散策する。屋台で洋服が欲しいというので、280Bで買ってあげる。喜んでいるのが分かり、嬉しい。屋台で串焼きを買ってホテルに戻る。

ホテルの部屋で、「クリスマスプレゼントね」って言って、成田空港で購入した、コーセーの雪肌精ローションクリームセットを渡す。「これどうやって使うんですか?」と予想通りの質問がきたので、Googleで検索させる。すぐにYoutubeでタイ人が説明しているのを見つけて、「OKカオチャイナ」と微笑む。チョコレートとレーズンサンドも渡しておく。

今日は疲れているから、寝るだけな~と言うと、「OKノーン」とご機嫌な感じ。「でも、いつも通り、下着になって寝るんだよ」というと、ゴソゴソと毛布の中で衣類を脱いで、枕元にそっと置く。かわいいなPちゃん、大好きだよ。

抱き合いながら眠りにつく。至福の時間だ。このために彼女に会いにパタヤに来ているようなもの。おやすみ、My superstar。

でも、明日はジョムティエンのホテルでハッスルしたいな~。

2017年07月 タイ旅行2日目(7月9日) パタヤ2日目

1.「LKメトロポール」の朝食

朝9時半に起きる。さっそく、朝食を食べに1階のレストランに向かう。奥の受付で、自分の部屋番号を示して、サインする。通常のメニューもできるみたいだ。 

f:id:fatmantaka:20170723120119j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120120j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120121j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120124j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120125j:plain

朝食は、まあ一応、ブッフェ形式だが、品数は少ないな~。ベーコン、ウィンナー、目玉焼き等、自分には不可欠なものがなく、ちょっと残念。

 

2.「LKメトロポール」をチェックアウト 

MKメトロポールチェックアウト。 

LKメトロポール 

 

3.モトサイで移動→「プニャパプレイスパタヤビーチ」にチェックイン

モトサイで、セカンドロードのソイ7入口付近まで行く。「社長、お願いします」と言われて、ヘルメット着用する。 

f:id:fatmantaka:20170723120135j:plain

ソイ7入口から歩いて1分の、「プニャパプレイス」に、そのままチェックイン。 

 

プニャパプレイスパタヤビーチ 

 

f:id:fatmantaka:20170723120143j:plainセカンドロードを見下ろせる、バルコニー付きのお部屋だ。当然、喫煙も可。 

 

f:id:fatmantaka:20170723120138j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120141j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120142j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120150j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120151j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120152j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120153j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120154j:plain

f:id:fatmantaka:20170723120155j:plain

Booking.comで予約。デラックスダブルで、1泊989B=¥3283(本日時点)

 

4.ランドリー→「センタン」のMKでOちゃんとキンカオ

f:id:fatmantaka:20170726213308j:plain

f:id:fatmantaka:20170726213310j:plain

f:id:fatmantaka:20170726213311j:plain

f:id:fatmantaka:20170726213313j:plain

f:id:fatmantaka:20170726213314j:plain

ソイ7とソイ8をつなぐ路地にあるランドリーへ、初日の洗濯物を出しに行く。

 

明日の15時の仕上がりと言われたが、交渉で、11時にしてもらえた。明日、「スターレジデンシーホテル」に行く前に受け取って、そのまま、持っていける。40Bらしい。 

 

f:id:fatmantaka:20170723120159j:plain

Oちゃんとの約束、キンカオするため、「センタン」のMKに来る。 

 

セントラルフェスティバルパタヤビーチ 

 

彼女は、14時の待ち合わせで、5分遅れぐらいでやってきた。タイ人としては、早く来た方だなと感心する。ピーサオのKちゃん25歳が一緒。おっとりした感じの、天然の感じで、なかなかいい。 

f:id:fatmantaka:20170723120202j:plain

この二人、久しぶりのMKらしく、料理の写真を撮ったり、すごく、楽しそうだ。見ているこちらまで、楽しくなってくる。 

 

f:id:fatmantaka:20170723120211j:plain

けっこう食べて、デザートのアイスクリームまで頼んで、合計1,200Bぐらい。全然、安いな。

 

パタヤにイサーンディスコってあるの」って聞いてみると、7,8軒はあるらしい。

じゃあ、夜に行こうって話になる。今日の24時までは、禁酒日らしいが、24時を過ぎて、日付が変わると、禁酒が解除になり、バーなどもオープンになるらしい。

なので、夜中に、モトサイで迎えに来てもらい、イサーンディスコに連れて行ってもらえることになった。

キンカオ後は、ショッピングに付き合ってから、一旦、別々になった。

 

5.古式マッサージで抜かれる

f:id:fatmantaka:20170723120219j:plain

「プニャパプレイス」に向かって歩いていると、あるマッサージ店で、ちょっと太めの熟女プーインにつかまり、連れ込まれる。 

 

Aちゃん、ロイエット出身の30才だ。巨乳だが、天然ものらしい。ノーシリコンだと言ってた。フットマッサージの約束で始めたのだが、オイルが気持ちいいよ~と呪文のように繰り返され、「巨乳でもいいか」って、途中で、コースをオイルマッサージに変更する。

オイルマッサージは、普通に上手で気持ちいい。お約束のあお向けで、息子にアプローチしてくる。手コ★とフ★ラで1,700Bを提示される。

高いなって、ちょっと考えたが、受け入れる。手コ★とフ★ラとDキス、なかなか熟練のスキルで、あっさり発射してしまう。誘ってくるだけはあるなと感心する。 

 

6.セカンドロードのマッサージ店で Pちゃんと再会を果たす

センタン」でモトサイ捕まえて、Pちゃんが待つマッサージ店へ向かう。約束の19時きっかりに到着。 
彼女、さっそく、フットマッサージを準備しようとしたので、「オイルマッサージな」と、一応、エロの意思を示しておく。

LINEでやり取りしていたので、雰囲気は和やかだ。でも、やっぱり、言いたいことが、ところどころで通じないのが、もどかしい。

オイルマッサージは順調に進んで行く。あお向けになっても、エロの誘いは全くなし。タオルは、オイルマッサージする部位のみ、めくっている。

この子にとって、オイルマッサージは、ただのコースの一部で、オイルマッサージ=エロ になっていないことを実感する。 

こんな、ピュアな子もいるんだって、エロおやじは、感動したが、同時にガッカリもした。「ミーピセーマイ?」と聞ける雰囲気にならないまま、終了してしまう。 

 

7.Pちゃんと「センタン」のMKでキンカオ 

センタン」のMKで、Pちゃんとキンカオすることになった。先に、モトサイで行き、外でスーブリして待つ。しばらくして、Pちゃんと合流、4階のMKで無事に乾杯。 

f:id:fatmantaka:20170723120225j:plain

Pちゃんは、MKは初めてらしい。遠慮して、注文も自分が全てした。まあ、今日2回目のMKということもあり、慣れたということもあるが。

 

白い恋人を食べてみたPちゃんは、「アロイマーク」と喜んでくれた。 

 なかなか、会話がかみあわず、大体のことしかわからないが、お互いに相手に伝えようとする熱意はありあり。でも、どう思われてるかは、分からない。

 

8.Pちゃんとホテルで語らう(エロなし) 

キンカオ後は、外の露天をぶらついてた。手をつないでみたら、恥ずかしがって、すぐに離してしまう。まあ、強引は、自分のスタイルではないので、無理強いせず。

Pちゃんは、「センタン」付近のアパートに住んでるらしく、「あそこだよ」って教えてくれる。一月5,000Bらしい。

「自分のホテル、ここから近いから、見に行ってみる?」と、誘ってみると、「じゃあ、ちょっとだけ」と一緒に行くことに。

ここでも、手をつないで歩いていると、夕方に行ったマッサージ店のプーインが、ニヤニヤしていた。 

ホテルに着いて、部屋で、ゆっくり、話す。 

明日の7月10日は、自分が400B払って、Pちゃんに休みを取ってあげた。一緒にキンカオする約束をする。

何気に、お腹をチラッと見たり、マッサージしてあげるねって、触ったりもしてみたけど、オッパイのタッチとか、エロいことはしなかった。この意気地無しのアラフィフおやじ、何やってんだろうな。

帰りは、下まで送ってあげて、「また明日ナ」とバイバイする。

 

9.禁酒日終了と同時にソイ7、8のバービアへ

Oちゃんから、LINEのTV通話で、「具合が悪くなって、約束のイサーンディスコへ今日は行けないです、ごめんなさい。明日にしてもらっていいですか?」と連絡入る。

明日は、明日で、夜に別の行動したいしなあ。「とりあえず、また明日、連絡ちょうだい」ということにする。

と、予定が変わったので、バービア街に繰り出すことにする。24時を過ぎているので、バービアはオープンしていた。

ソイ7を入って行くと、ゴーゴーバーもどきがあり、お付き合い程度にコーラを飲んで、ドリンクおごってあげて、解放してもらう。

ソイ7を歩くが、かわいい子がいないし、そもそも、プーインも、お客さんも少ない。

ソイ8に回ってみる。こっちもダメかなあと、あきらめモードで歩いていると、あるバービアで、かわいいプーインにつかまる。

矢口真理似の、Nちゃん、ノンカイ出身の22才だ。 

自分が日本人とわかったらしく、どこからか、日本語とタイ語の指差し会話帳を出してきて、やる気まんまんだ。自分がタイ語を話すので、会話帳は置いたままになってしまう。

お約束の、4目並べのゲームをやるが、2戦2敗で、チップ200Bを、ブラに差し込んであげると、きゃあきゃあ喜んでる。なんか、楽しいぞ。 

f:id:fatmantaka:20170723120235j:plain

次は、サイコロ振って、出た目をひっくり返していくゲーム。数字板は、1から9まであり、ひっくり返す数字板がなくなったら、終了となる。 

 

なかなか、パーフェクトは難しいらしく、Nちゃんも、パーフェクトは出したことがないらしい。なんと、自分が先に、パーフェクトを達成してしまう。Nちゃん、「えー」って、ビックリしている。

Nちゃんができない時は、キスのご褒美をもらい、自分ができない時は、ドリンクをおごったりしてあげた。やってく内に、Nちゃんも、パーフェクトを達成する。

「初めてです~」と、興奮気味に喜んでる。かわいいな。お祝いに、さらに100Bをあげる。ゲームが進む内に、Nちゃんができない時だけ、キスをもらう得な流れに展開。キスは、だんだんディープに、長くなっていく。エロモードに、息子も起きてきたようだ。

ペイバーと、ショート,ロングの値段を聞く。ペイバー500B、ショート2時間2,000B、ロング朝までハッスル2回OKで3,000とのこと。彼女は、ロングはあまりしないらしいが、「アナタはロングOKナ」と言われ、しばし考える。

この雰囲気からして、Dキスのある楽しいブンブンして、朝まで抱き合って寝れるなと判断し、ロングに決定。

 

10.ソイ8のバービアのNちゃんとロングで朝まで

店を出る直前から、雨が降り始める。パタヤに来て、初めての激しい雨だ。

ちょっと待ってから、まだ小降りとは言えない雨の中、二人で、小走りで、なんとか、ホテルまでたどり着く。

部屋に着いてから、アメニティが全くないことに気付き、彼女に買いに行ってもらったりもした。  

f:id:fatmantaka:20170723120238j:plain

戻った彼女は、ロングなので、ゆったりして見える。夜食を食べ終わり、いよいよ、ブンブンだ。黒の下着を、いさぎよく、脱ぎ捨てる。オッパイは、自分の大好物の天然物貧乳だ。 

 

一緒にシャワーして、キレイキレイにしてもらう。そして、ベッドに戻り、ハッスル開始である。

思った通り、Dキスしてくれる。それもハッスルの間、ほとんど、キスをしていたぐらいで、大満足。フ★ラも生でしてくれる。お返しに、ク★ニ攻撃で1回逝った感じ。そして、和やかにFINISH、実にいいハッスルだった。

この「プニャパプレイス」の、この部屋のエアコンの効きが最悪。18度の設定でも、全然冷えない。ベッドで寝ていても、汗がバンバン出てくる。

横で寝ているNちゃんもかわいそうだ。でも、暑いから、お腹に毛布をかけているだけで、素っ裸で、オッパイもヒーも丸出し状態が見られて、ちょっと、ラッキー。

朝8時半まで、一緒に寝ていた。自分が、ちょっと彼女に触ると、それに気付いて、抱きついてくる。素っ裸で、抱き合って、朝まで、ゆっくりロングしてくれる、これは、自分の理想の形だ。

彼女が、先にシャワーを浴びに行ったので、何だろうと思って、戻った彼女に聞いてみると、「朝、2回目をする準備したんです」と、泣かせることを言う。

「ケーレオだから、2回目はいいよ」って言うと、「ホントにいいんですか?」と、本気で心配している顔だ。いい子に当たったんだなって、ホロっとさせられた。

ロング代3,000Bにチップ200Bをあげた。素っぴんも、かわいい。そして、彼女は、お帰りになった。

2017年07月 タイ旅行1日目(7月8日) 日本発~パタヤ初日

 

1.高速バスで成田空港第二へ

自宅を3時に出発し、途中、セブンで軽く買い物。3時20分に、高速バス乗り場に到着。昨日食べた焼き肉の影響か、にんにく味のゲップがひどい。一瞬、腹がぎゅるっとしたので、念のため、トイレで軽く出していく。 

f:id:fatmantaka:20170717192328j:plain

成田第2行の高速バスは、定刻の3時50分に、地元を出発した。 

 

f:id:fatmantaka:20170717192336j:plain

成田第2へは、順調に6時45分に到着。 

2.スクートチェックイン~搭乗ゲート

f:id:fatmantaka:20170717192343j:plain

そのまま、スクートのチェックインカウンターBへ向かう。7時からのチェックイン開始なので、ちょうどいい感じだ。それでも、すでに30人ぐらいは並んでいる。2列目の中間ぐらいで並び始めた。 

 

受付のお姉さんに、「お客様は、英語がお出来になりますか?」と聞かれ、「どういうことですか?」と、逆に聞き返してみると、「今日は席が混雑しているので、非常口近くの、本来、有料となる席にして差しあげるので、何か非常事態が発生した場合に、CAの手助けをお願いしたいんです」とのこと。「一応、できます」と、答えて、その席にしてもらうことになった。

持ち込み手荷物の重さは、キャリーバッグを確認したぐらいで、ボストンバッグや、ボディーバッグは、特に確認なしで通過。 

f:id:fatmantaka:20170717192344j:plain

まだ、オープンの7時30分前ということもあって、手荷物検査の前がすごい行列になっている。

 

この待ち時間中に、カメラがフリーズし、あせる場面があったが、バッテリーを抜き差ししたところ、正常に動作するようになった。

手荷物検査場内の混雑は、それほどでもなく、スムーズに10分ぐらいで通過。出国審査も10分ぐらいで通過。スクートの85番ゲートに向かう。 

f:id:fatmantaka:20170717192348j:plain

Pちゃんとの約束のチョコレートを買う。「白い恋人」にする。 

 

f:id:fatmantaka:20170717192349j:plain

自分のセブンスター1カートンを3,000円で購入し、準備完了。 

 

f:id:fatmantaka:20170717192350j:plain

85番ゲートでは、タイエアアジアXの搭乗がまだ行われており、スクートの表示はまだされていない。 

3.スクート搭乗~離陸 

f:id:fatmantaka:20170717192356j:plain

f:id:fatmantaka:20170717192355j:plain

9時10分、スクートの使用機材の遅れのため、9時15分予定の搭乗時間も遅れるとの案内アナウンスあり。 

 

f:id:fatmantaka:20170717192400j:plain

f:id:fatmantaka:20170717192403j:plain

9時45分、やっと、搭乗始まる。 

 

f:id:fatmantaka:20170717192409j:plain

「非常口近くの、本来、有料となる席」というのは、ここだった。 

 

f:id:fatmantaka:20170717192427j:plain

CAさんのサービスショット。 

 

f:id:fatmantaka:20170717192421j:plain

10時40分離陸、フライト時間は5時間40分予定とのこと。 

 

f:id:fatmantaka:20170717192429j:plain

ドンムアンまで、あと30分ぐらいのところで、下界を見下ろすと、コラートの街並みが確認でき、タイに来たんだと、早くもワクワクする。

 

4.タイドンムアン空港到着

f:id:fatmantaka:20170717192439j:plain

ドンムアンへは、現地時間の14時05分に到着。

イミグレーションが前回と同様、大渋滞。LCCが短い間隔で次々に到着しているので、仕方がないとは言え、がっくりする。 

 

f:id:fatmantaka:20170717192442j:plain

通過までには、40分ぐらいかかった。税関通過(スルー)し、外に出ると、携帯シムのおばちゃんにつかまる。元々、シムは買わなきゃならないので、付いていく。 

 

7days299バーツを購入する。パスポートとスマホを渡すと、店員が、手際良く、元のシムを外し、無造作にセロテープでシムパッケージに貼りつける。

間違えないで、自分のシムカードが戻ってくるかどうかだけが心配なところ。自分のシムカードの番号は、控えておいた方がよい。

動作確認OKとなり、そこそこ混んでいたが、10分程度で完了。

 

5.ドンムアン空港→TAXIでパタヤへ直行

タクシーをどうしようかと歩いていると、ツアーサービスのおじさんにつかまる。パタヤまでと告げ値段を聞くと、モーターウェイ代金込みで2,200バーツとのこと。

1,700バーツぐらいで見込んでいたし、タクシーではない快適な車とのことで、ここに決める。 

f:id:fatmantaka:20170717192444j:plain

本当に、乗り心地がよく、ドライバーも気さくないい男である。15時45分に、ドンムアンを出発。 

 

f:id:fatmantaka:20170717192449j:plain

f:id:fatmantaka:20170717192452j:plain

f:id:fatmantaka:20170717192454j:plain

腹が空いていたので、モーターウェイのドライブインで、タイに上陸後初のタイ料理を食べる。ごはんにぶっかけのおかず2品とカイダオ2個と水で80バーツ。一服して、さらに、パタヤを目指す。

 

6.パタヤソイブッカオのLKメトロホテルへ到着 

f:id:fatmantaka:20170717192458j:plain

ソイブッカオの、LKメトロポールへ18時に到着。 

 

LKメトロポール 

 

f:id:fatmantaka:20170717192502j:plain

f:id:fatmantaka:20170717192505j:plain

f:id:fatmantaka:20170717192506j:plain

f:id:fatmantaka:20170717192507j:plain

f:id:fatmantaka:20170717192509j:plain

f:id:fatmantaka:20170717192512j:plain

いい部屋だが、臭いが気になった。コンセントはベッドの近くに4ヵ所あり、良好だ。さっそく、活動開始する。

 

7.両替→ソイブッカオの床屋で体毛剃り体験 

f:id:fatmantaka:20170717192515j:plain

歩きながら両替屋を探す。ソイブッカオに出て、左に行くと、さっそくあった。至るところにある感じだ。本日のレートは、0.2970で、182,000円を両替したところ、54,054Bだった。 

 

T.T.Currency Exchange 

 

f:id:fatmantaka:20170717192518j:plain

すぐ近くの、ソイチャイヤプーンの入口のモトサイをつかまえ、50バーツで、「ENJOY BARBER」へ行ってもらう。 

 

「ENJOY BARBER」は、LKマンションの1Fにある。 

 

「ENJOY BARBER」に入ると、前に耳かきしてくれたお姉さんが、ニコニコして、「チャムダーイ、ハイ、ミスター、ハワユー?」と迎えてくれた。

パタヤでは、ミスターという呼び方は、よく使われるなと感じる。やっぱ、多くのファランが沈没しているからなのか?

今日は、色々とリクエストして、すべて、叶えてもらった。

背中の剃毛、胸毛と腹毛の剃毛、顔剃り、耳毛と鼻毛の処理、耳かき、フェイスマッサージで合計700Bにチップ100Bあげる。

無駄な毛がなくかると、身軽になった感じもするし、何より、気分がエロモードに変わる。記念写真撮って、ここは完了。LINEは前回つながり済みだ。 

8.ソイブッカオの安いマッサージ 

f:id:fatmantaka:20170717192520j:plain

すぐ道向かいの安いマッサージ屋で、ちょっとかわいい熟女プーインが手招きしている。とりあえず、寄ってみる。

 

そのプーインにやってもらうつもりが、中に通されると、順番待ちのウワンなプーインに回されてしまう。Bちゃん、43才、コンケン出身とのこと。 

ここんとこ、左肩が痛くて、本来、グイグイのタイマッサージになるのだが、バオバオでお願いした。別のプーインで、日本語が上手な人がいた。茨城で8年仕事したことがあるって言ってた。 

9.ソイチャイヤプーンのエロマッサージ

ソイブッカオを歩いて見たところ、道沿いのバービアが軒並みクローズされている。

レディボーイのマッサージ屋の所で、「なんでバービア開いてないの?」って、聞いてみると、今日(8日)と明日(9日)の夜中24時までは、禁酒日らしい。

LKメトロのゴーゴーバーも真っ暗だ。なんのために、今日のホテルをここにしたのかって感じだ。

しかし、「エロは、至るところにある。いちいち、止まっていられない」と、意気込み、そのまま歩いて、ソイチャイヤプーンのエロマッサージ通りへ。

f:id:fatmantaka:20170717192524j:plain

すぐ隣ぐらいの「WONDERFUL MASSAGE」で、ちょっと、コーラを注文して、プーインを眺めながら休憩。 

 

「WONDERFUL MASSAGE」は、「Canterbury Tales Cafe」の道向かいで、お隣には、「Amon Massage」がある。

 

 「この子どうですか?」と薦められる。顔がいまいちな分、きっと、サービスはいいんだろうなと踏んで、OKして入店する。お決まりの、カーテンだけの仕切りの簡易ベッド部屋だ。

彼女は、Gちゃん、スリン出身の21才だ。

形だけとは言え、オイルマッサージ5分はないよなあと思いつつ、サービスへ移行。

ここでも、あまりいい仕事ではない。せっかくのパタヤのハッスル一発目は、発射は成功したが、とんでもない地雷を踏んでしまった。

なぜか、この彼女、終わった後は、急にイキイキと喋り出す。「もっと、ブンブンでイキイキしてくれよ」とは言わなかったけど。LINEとFACEBOOKまで交換して、記念撮影して完了。

お値段は、オイルマッサージ200にGちゃんへ1000Bで、合計1200Bを渡す。ちょっと、ブンブンしたいだけなら、ソイ6よりも安いな。

 

10.ハンバーガー屋→LKメトロホテルへ戻る

f:id:fatmantaka:20170717192526j:plainそれでも、欲求不満のまま、とりあえず、ホテル方向に歩いて行く。ソイチャイヤプーンからソイブッカオに出て、ソイダイアナとの交差点の付近に、上手そうなハンバーガー屋さんがあった。  

 

Oz Burgers 

 

f:id:fatmantaka:20170717192530j:plain

値段は180B、アボガド入りの上手いハンバーガーだった。 

 

11.LKメトロホテルの出張マッサージサービスを頼んでみた

LKメトロホテルに戻ると、入口付近にいたボーイに「社長、マッサージどうですか?かわいい子を手配しますよ。1時間200Bでっせ。」とのオファーを受けて、すぐに乗る。

そしたら、本当に、若くて、かわいい子がやってきた。Oちゃん、ウドン出身の22才だ。タイ人にしては、色白でもある。

「オイルマッサージできるの?」って聞いたら、「ごめんなさい、オイル持ってきてないんです。」と言うので、「名前がOなのに、オイルは持ってないんだ」って突っ込みを入れると、大笑いしていた。

「わたし、プンプイですか?」と聞かれ、意味がわからない。プンプイというのは、ウワン(太い)と同じ意味だと教えてもらい、またひとつ、タイ語を学習した。

全然、太っていない子だが、「じゃあ、触って確認するよ」と、マッサージ前からエロモードを開始する。彼女も全然、嫌がらない。

一応、マッサージということで来ているので、ひとまず、やってもらう。「マッサージの後は、何かあるの?」と白々しく聞くと、ニコっとして、「マッサージが終わった後に言います」と逃げられる。

そして、マッサージ開始。思った通り、マッサージは下手くそだ。

自然な流れで脱がせてしまう。真っ赤な小さなパンツのお出ましだ。

まずは、こちらからサービスすると、「オーイオーイ」と、タイ女性の本気の声をあげる。やってる方もやった~って感じだ。

ハッスルも無事に終了する。「気持ちよかった?」と聞くと、「恥ずかしくて、言えないです~」と、なんともかわいいコメント。

チップは、Oちゃんに、マッサージ+ハッスルで2800B、ボーイに200Bとのことで、合計3000Bを渡してあげた。

「明日、センタンのMKに行く予定だけど、一緒に行く?」と、誘ってみると、嬉しそうに、「明日は、午前中に寺院へ行ってくるので、午後でもいいですか?」と、簡単に約束できてしまう。

LINE交換して、記念撮影してコンプリート。ホテルのボーイのマッサージ紹介、当たりだった。 

当たりもはずれもあったが、初日から濃い内容のパタヤライフとなった。

2017年4月 タイ旅行 6日目(5月3日) バンコク3日目(最終日)

1.サムズロッジチェックアウト→ターミナル21フードコートへ 

いよいよ、タイ旅行の最終日を迎える。

フライトは今日の夜中なので、まだ、色々できる時間はある。

10時半に、サムズロッジをチェックアウト。前払いしてあるので、ルームキーだけ返して完了。

受付の子が気を利かせて、「あなたフライトは何時ですか?」と聞いてくれて、一瞬でその意味が分かって、「荷物を預かってもらっていい?」って聞いたら、「OK、エアポートに行く時に取りにきてね」とのこと。

「多分、夕方5時ごろな」と言って、外出した。 

サムズロッジ 

  

f:id:fatmantaka:20170628204159j:plain

とりあえず、今のところノープラン。涼しいところで計画を立てようと、ターミナル21のフードコートに行く。11時ちょっと過ぎ、まだ、それほど混雑していない。空席もかなりある。 

 

ターミナル21 

 

あと1回、エロなことして、今回のタイ旅行を締めたいわけで、まだ今回行ってない中で、昼間できるのは、MP、フェ●チオバー、エロマッサージぐらいかな。 

f:id:fatmantaka:20170628204202j:plain

f:id:fatmantaka:20170628204204j:plain

とりあえず、せっかくここに来たからキンカオする。カード型クーポンで300B分購入。

 

f:id:fatmantaka:20170628204208j:plain

ぶっかけ飯にして、パップンファイデーンと目玉焼き2個に春雨炒めを選び、これで47B。あと水で7B。合計54B、おいしい、安い、涼しい、清潔で十分満足。 

 

f:id:fatmantaka:20170628204213j:plain

12時、かなり人が増えてきた。席がほとんど埋まっている。さて、行くか。クーポン売場でカードを渡して清算、おつり246Bで間違いなし。 

 

 

2.ソイ24/1とソイ26のエロマッサージ街をブラブラ 

f:id:fatmantaka:20170628204217j:plain

最後のエロを求めて、ソイ24/1をぶらつくも外に出てる子がイマイチぱっとしない。

 

ソイ26に出て、スクンビット通りに向かって歩く。

途中、日本食のお店の前に、無料のエロ情報誌「WOW」を発見。すぐに手に取って、歩きながら、参考にエロマッサージ店部分を見る。ソイ24/1とソイ26がやっぱり多い。

でも、それ以外で行ったことのないソイ33の中から決めることにした。

別にブンブンがなくても、楽しいところとがいいなって思い、「茜」に決定。

 

3.ソイ33のエロマッサージ「茜」に突入

f:id:fatmantaka:20170628204225j:plain

「茜」は、スクンビット通りからソイ33に入って、5,6分歩いて、右側にある。斜め向かいには、「ドリームヘブン」が見えた。暑くて死にそう。汗の量がハンパない。 

 

「茜」は、ソイ33を挟んで、この「生そばあずま」の斜め道向かいにある。 

 

「茜」に入る。冷たいおしぼりをもらって、顔の汗を拭いてサッパリ。

中は、ソファーとテーブルのちょっと高級感ある部屋に女の子達が待機している。年齢は高めだな。多分、その分、サービスがいいに違いない。

コースは、女の子2人についてもらう3Pコースを選択。1時間で2000B。

3Pコースの場合、そこにいた女の子のうち10人ぐらいのうち、できる子だけ5人が自分の前に並んでくれて、その中から、NちゃんとCちゃんを選ばせてもらった。

やっぱり、現物で確認できる方がいい。3Pできない女の子の中には、若くてかわいい子もいた。全体的に、この店の女の子はフレンドリーでいい雰囲気だ。

2階の部屋に移動、入口側に大きなベッドがあり、奥側が広々としたシャワー室(バスタブはない)にドーンと大きなエロマットが敷いてある。

吸いかけのタバコを捨てて、さあ、サービス開始だ。服を脱がせてもらい、シャワー室に案内される。女の子二人は、ブラとパンティ姿になり、Cちゃんがシャワー担当みたいだ。

息子はもちろん、ア★ルまで、念入りにキレイキレイされる。シャワーが終わると、Nちゃんが、体を拭いてくれる。そのまま、ベッドへ移動。

まず、うつ伏せになる。オイルマッサージから始まるようだ。温かいローションを背中に感じる。Nちゃんが上半身、Cちゃんが腰から下の分担で、4ハンドマッサージだ。バオバオなマッサージが気持ちいい。

この状況だけでも、非日常の天国状態、ああ、幸せ。そして、次は仰向けかなと思っていると、「じゃあ、次はマットです」と、シャワー室へ移動。

マットでも、最初はうつ伏せからスタート。Cちゃんは、胸を背中に押しつけるように動き、Nちゃんは、脚から息子裏辺りへの攻撃だ。

少し、腰が浮かされて、Nちゃんが息子を直接触ってきた。おおっ、尻方向に刺激を感じる。まさかの、ア★ルなめに感激。

そして、仰向けに。Cちゃんは、Dキスしてくる。下ではNちゃんが、ズボズボ、生Fしている。視覚的にもこの状況に長く耐えられず、最高のFINISHを迎えることができた。

Cちゃんは、ブリラム出身の34歳、ここでの仕事は1年半。Nちゃんは、コンケン出身のまさかの45歳(見た目は30代半ば)、ここでの仕事は5年になるという。 

ここは、日本人がよく来る店なのか、二人共、日本語がけっこう上手、タニヤの女の子ぐらいかな。服を着てから、三人でいっしょに記念撮影させてもらった。 

終わった後、下に降りる階段の途中で、別のプーインが息子を握ってくるような、エロ楽しい店だった。早く帰れ的な感じもないし、写真を撮るのに抵抗がないというのもよかった。 

本番なしでも、この「茜」で、タイ旅行最後のエロ、とても楽しく終わることができた。

 

4.ソイ19の「Friend's Massage」でフットマッサージ

「茜」を出て、もう歩く気がせず、ソイ33から、モトサイで、ソイ19のサムズロッジ付近まで直行する。100Bなり。 

f:id:fatmantaka:20170628204228j:plain

サムズロッジへ荷物を取りに行く前に、「Friend's Massage」で最後のフットマッサージを受ける。1時間で250Bなり。この店の女の子達は、何気にかわいい・美人系が多く、エロの匂いを感じずにはいられなかった。 

 

「Friend's Massage」は、 ソイ19を挟んで、「The Key Bangkok Hotel by Compass Hospitality」の道向かいだ。 

 

マッサージしてくれたのは、Kちゃんという子。この子も、色白でかわいい子。チップは100Bあげた。 

 

5.ソイ19の屋台でとうもろこしを食べてみた 

f:id:fatmantaka:20170628204230j:plain

「Friend's Massage」の道向かいぐらいの屋台で、ゆでた「とうもろこし」を食う。塩味がほどよく効いていて、うまい。1本で20Bなり。 

 

6.タクシーでドンムアン空港

そして、サムズロッジで、預けていた荷物を受け取り、18:30頃、ソイ19で、タクシーを拾い、ドンムアン空港へ出発。 

1時間はかからず、19:30前に、ドンムアン空港ターミナル1へ到着。もう、最後なので、運ちゃんには、約束の500Bにチップ200Bを奮発する。 

ドンムアン空港 

 

チェックイン開始は、スクートTZ292便の出発時刻0:40の3時間前、21:30ぐらいからなので、あと、2時間ぐらいは、タバコでも吸って、のんびりしてよう。 

f:id:fatmantaka:20170628204243j:plain

f:id:fatmantaka:20170628204242j:plain

22:00に、チェックインカウンターへ行く、もう、けっこう、行列ができている。ちょっと、のんびりし過ぎた。 

 

スクートはの機内持込み手荷物は、エコノミークラスの場合、
【重量】①手荷物1個10キロまで、②ノートPCや手提げ袋などを含む手荷物2個合計10キロ
【サイズ】機内持込手荷物の最大サイズは、54cm x 38cm x 23cm で、3辺の合計は最大115cmと規定されている。 

成田空港と同様、キャリーバッグ1個(52cm x 35cm x 23cm)、PC用ミニボストンバッグ1個、ボディバッグ1個で、チェックインカウンターに臨んだ。

ここ、ドンムアン空港でも、重量チェックはされずに済んだ。まあ、されたとしても、タイに来て、特に重いお土産とか買ってないので、問題はなかったはず。 

 

f:id:fatmantaka:20170628204247j:plain

かなり、混み合っていた出国審査を抜け、とあるタイレストランで、最後のタイ料理として、パッタイを食う。さすがに空港内は高く、この量で235Bだった。 

 

f:id:fatmantaka:20170628204251j:plain

そして、いよいよ、搭乗時間。

帰国便は、0:45発のスクートTZ292便、成田までの直行便だ。 

「次はいつ来れるかな?」、グッバイタイランド

2017年4月 タイ旅行 5日目(5月2日) バンコク2日目

1.バイヨークスカイでランチブッフェ 

9時半に起きて、シャワーを浴びて、まず、今日は、バイヨークスカイのランチブッフェに行くことにした。

 f:id:fatmantaka:20170625201001j:plain

サムズロッジ付近のソイ19からツクツクで出発。「遠いから200Bでいいですか社長」ぐらいで言われて、まあいいかってOK。 

 

今日もバンコクは暑い。ツクツクに乗ってても風が生ぬるい。ツクツクは、スクンビットの裏道をスイスイ進んで、ソイ3へ、そして、スクンビット通りに入る。

スクンビット通りが、ちょっと渋滞してたが、10分ぐらいで、バイヨークスカイへ到着。ここは2度宿泊したことがあるので、割と馴染みの場所だ。 

ツクツクの運ちゃんに200Bプレゼント。

 

「バイヨークスカイホテル」 

 

f:id:fatmantaka:20170625201005j:plain

11時ちょっと前だったのでどうかなと思ったが、18階のロビーに行って、お姉さんに聞くと、やはり、今の時間は「朝食ブッフェ」は終わり。

「11時からは、ランチブッフェになるんだよ~」って、早口の英語で教えてくれた。

チケット売場が19階にあるので、そこで買って下さいねとのこと。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201006j:plain

そして、19階のチケット売り場へ向かう。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201007j:plain

チケットの値段は800B、一瞬、やめようと思ったが、ここまで来たからいいか~って買ってしまった。

ランチブッフェの会場は78階で、朝食ブッフェと同じところだ。 

 

f:id:fatmantaka:20170626211318j:plain

こんな感じのチケット、800B 

 

f:id:fatmantaka:20170625201008j:plain

エレベーターは、直接78階には行けない。77階で降りて、階段で上がらなければならない。77階で、やさしそうなおばちゃんが笑顔でお出迎え、でも、まだ、時間が早かったらしく、「もうちょっと待ってね~」とのこと。  

 

f:id:fatmantaka:20170625201009j:plain

77階のフロアをブラブラする。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201010j:plain

f:id:fatmantaka:20170625201011j:plain

f:id:fatmantaka:20170625201012j:plain

バンコクを見下ろすのは気持ちがいい。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201013j:plain

一回りしてくると、ちょうど、ランチブッフェ開始の時間のようだ。こんな階段を上って78階の会場へ行く。  

 

f:id:fatmantaka:20170625201014j:plain

黒服のおねえさんにチケットを渡す。  

 

f:id:fatmantaka:20170625201015j:plain

このおねえさん、案内係もやっているようで、「こちらへどうぞ」みたいな感じで、さっそうと前を歩いて、座席まで案内してくれる。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201016j:plain

座席に着いた時も、「はい、この席になります」とダンスしているかのような、キレイなこのポーズで決まった。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201017j:plain

ちょっと、窓際から離れたが、仕方がない。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201018j:plain

フルーツ 

 

f:id:fatmantaka:20170625201019j:plain

スイーツ 

 

f:id:fatmantaka:20170625201020j:plain

日本食、インド料理 

 

f:id:fatmantaka:20170625201021j:plain

クイッティオ、は自分で好きな具を器に入れて、おばちゃんに渡す。 クイッティオの太さを選ぶと、自分が入れた具と一緒に軽く温めて完成。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201024j:plain

味の調整は、とうがらし、砂糖、酢、ナンプラー、砕いたアーモンド。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201025j:plain

ランチブッフェだけあって、ステーキもあり。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201026j:plain

とりあえず、こんな内容でスタートしてみた。が、これだけで、満腹になってしまい、残念。  

 

f:id:fatmantaka:20170625201027j:plain

次に、83階だったっけ、屋上の回転展望台に初めて行ってみる。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201028j:plain

f:id:fatmantaka:20170625201029j:plain

これが、屋上への扉だ。  

 

f:id:fatmantaka:20170625201030j:plain

薄暗い階段を上って行くと、  

 

f:id:fatmantaka:20170625201031j:plain

f:id:fatmantaka:20170625201032j:plain

外の景色が見えてきた。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201033j:plain

この金網と下の鉄板が一体となって回転している。一周に約10分ぐらいかかった気がする。 

 

f:id:fatmantaka:20170625201035j:plain

f:id:fatmantaka:20170625201036j:plain

見下ろす景色は、こんな感じ。  

 

f:id:fatmantaka:20170625201037j:plain

f:id:fatmantaka:20170625201039j:plain

f:id:fatmantaka:20170625201040j:plain

階段を下りた場所に、喫煙所があり、景色とタバコを満喫する。  

 

2.バイヨークスカイ近くのマッサージ店「Chan Massage」

f:id:fatmantaka:20170626211331j:plain

バイヨークスカイを後にし、東に伸びる通り沿いのマッサージ店「Chan Massage」で、フットマッサージを受ける。 

 

見るからにも、実際にも、健全マッサージ店。

やってくれた子は、Wちゃん、33歳、ロイエット出身とのこと。フットマッサージ1時間200Bにプラス100Bチップを渡す。 

 

f:id:fatmantaka:20170626211334j:plain

マッサージ完了し、ブラブラと、ARLラチャプラロップ駅方面に歩いて行く。

バーツが切れかかっていたところ、ちょうど、両替店があり、円をバーツに交換。レートが0.3040となっている。レート通り、30000円で9120Bになった。 

 

ARLラチャプラロップ駅 

 

3.サイアム周辺をブラブラ

f:id:fatmantaka:20170626211337j:plain

ARLラチャプラロップからパヤタイ(15B)、BTSに乗り換え、パヤタイからサイアムへ行く。パヤタイからBTSに乗る際、1Dayパスを140Bで購入する。 

 

サイアムスクエアONE 

 

f:id:fatmantaka:20170626211338j:plain

f:id:fatmantaka:20170626211340j:plain

サイアムスクエアONE内の「Swensens」でしばし休憩。 

 

f:id:fatmantaka:20170626211341j:plain

プーパッポンカリーの有名店「ソンブーン」も、サイアムスクエアONE内に入っている。 

 

BTSサイアムからまでを、デパートの連結を使って行けるか、自分の足で確認してみた。

BTSサイアム→サイアムセンター→レストランなどがある4Fの連結通路→サイアムディスカバリーセンター→スカイウォーク→MBKまたはBTSナショナルスタジアム と、行けることがわかった。  

f:id:fatmantaka:20170626211342j:plain

MBKの外観が大分、様変わりしていた。 

 

マーブンクロンセンター(MBK) 

 

大分、汗かいて、気持ち悪くなってきたので、一度、ホテルに戻り、着替えて、夜の部に備えることにする。

先ほど来たルートを逆に戻り、BTSサイアムまで歩き、サイアムからアソークまでBTSに乗る。BTS内は夕方でかなり混雑しており、自分に密着した人は、お気の毒だったな。

そうそう、昨日、頼んでおいた洗濯物を 取りに行かねば。

ちゃんと出来上がっていた、料金100Bだ。 

 

4.NANAプラザへ突撃 →レインボー5(ショートでハッスル)→レインボー2

夜になり、なんとなく、風が涼しくなってきた頃、ナナプラザに向けて出発。スクンビット通りの奇数側を、ホテルのあるソイ19からプラプラ歩いて行く。

聞いていた通り、露店が減っていて、普通に歩きやすくなっている。それでも、ソイ11のあたりから、露店が増えてきた。

ソイ11からソイ3にかけては、あまり減っていない、しかも、自分が愛用しているED薬まで売っていて、安心と嬉しさが入り混じる。

嬉しさのあまり、1箱6錠入りを4箱購入する。1000Bを提示してきたが、800Bで粘ってみると、900Bまで値段が下がり、ここで成立。黒色のポリ袋に入れてくれて、それを持って、さらに歩く。(この黒袋が、後に騒動を起こす。)

ソイ3の交差点を渡り、ソイ4へ、いよいよ、NANAプラザは間近だ。 

 

NANAプラザ 

 

そして、NANAプラザに突入する。まずは、2階のレインボー4(が元あった場所)に入ったところ、なんとなくレベルの低さを察知し、早々にチェック。  

f:id:fatmantaka:20170625174400j:plain

外に出て、看板を見ると「TWISTER BAR」だった。 

 

隣の店の看板が、壁側は「レインボー四」、入口上は「レインボー5」となっていて、聞いてみると、レインボー4がレインボー5になったとのこと。 

中に入ると、やっぱりレベルが高い。この時期、お客は、やはり日本人がほとんどのようだ。それでも、昨日のバカラよりは席に余裕がある。すぐに座れた。

目線が1回合ったら、ずっとこっちを見て笑顔でアピールしてくる女の子が多い。まあ、自分の場合、カモだと思われるのか、このパターンが多く、アピールしてくる女の子の中から選ぶことがほとんど。要は、自分が選んでもらっているようなもの。

2人のプーインが台上で踊っているときからずっとこっちを見ていて、交代して舞台の下で待機してる時も見ている。

そのうちの1人を手招きで呼んだ。私?みたいな感じで、嬉しそうに、自分の隣にきた。目がクリクリっとしていて、間違いなく、日本人好み。いっぱいペイバーされてるんだろうな。

本当は、昨日行ったバカラの100番の子とペイバーするねって約束していたが、この子のかわいさに約束も吹っ飛んでしまった。ちょっと話して、性格もよさそうな感じ。

「ホテルはどこですか?」って聞かれて、「ソイ19だよ、一緒に行く?」って言ったら、「ダーイ」とのことで、ペイバー代700Bとドリンク代を払って店を出る。

ホテルの場所とか聞いてきたから、自分のホテルに行くのかと思っていたが、同じ2階のマンダリンの奥にあるラブホテルに連れていかれる。

ホテル代は350B。キーと一緒にコンドーさんが渡されて、ちょっと笑えた。

部屋に入ると、さっそく、彼女ささっと服を脱いでいく。

黒の下着、ブラに番号がついている。つまり、舞台で踊っている下着は彼女自身の下着なんだね。またひとつ学習した。

そして、シャワーを一緒に浴びて、ハッスル開始。やっぱり、キスは軽め、ゴムFで息子が起立したところで騎乗位へ。流れがスムーズだ。正常位に移行し、彼女を見ると、目を見開いて、(嘘の)いい声を出している。せめて、目をつむっていてほしかったかな。バックに移行し、無事打ち上げ成功。 

ブリラム出身の25歳のMちゃん、性格はいいけど、ハッスルはタンパクだった。 

ショート代3,000Bを渡す前に色々注文するのがみそかな。更にチップが欲しい、100Bでいいということで渡す。

2人でホテルを出て、マンダリンの前のカウンターが空いてたので、「じゃあ、俺ここでタバコ吸ってくからまたね」と別れ、彼女はさっそうとレインボー5に戻っていった。 

 

次に、レインボー2に突撃。 

好みだと思うが、こちらは美人というより、かわいい子がそろってる気がする。

座席数が少ないのか、さっきのレインボー5より席の空きが少ない。日本人はやはり多い。舞台とソファー席の中間辺りのテーブルに座る。

ちょっと、眺めてると、後ろからツンツンされて、振り向くと、見覚えのある子がニコニコして立っている。

そう、3月にバンコクに来たとき、ここレインボー2でペイバーしたAちゃんだ。髪型が変わって一瞬わからなかった。峯岸みなみ似のかわいい子だけど、さびしげな雰囲気がある子。

さっきレインボー5の子とハッスルした直後だったので、あらかじめ、「今日はペイバーしないからね、ごめん」って言ったら、悲しそうな顔したけど、「OKナ」ってすぐに笑顔に戻ってくれた。

なんて愛おしい子。ドリンクをおごってあげた。チェックの時に、姿が見えなかったので、呼んでもらって、気持ちを込めて300B渡したら、ワイで「コップンカー」と喜んでくれたよう。 

f:id:fatmantaka:20170625174413j:plain

NANAプラザを後にし、道向かいのフーターズで、コーラでマッタリする。 

 

フーターズ NANA 

5.NANAプラザでED薬紛失~発見

じゃあ次は、テーメーカフェに行こうと、ナナプラザ辺りをスクンビット通りに向かって歩いていたとき、ED薬の露店を見て、ハッとした。

自分が買った、お気に入りのED薬持ってない。

ナナプラザに来る前にスクンビットソイ11辺りの露店で買って、黒のビニール袋に入れていたもの。

仕方がないので、ここまでで行ったところを全て探す。

フーターズ、マンダリン横のラブホテルと探すがない。

ラブホテルの辺をうろうろしていると、さっきのレインボー5のMちゃんが「あなた~」って、見ると、日本人のお客さんを連れていた。

自分が何かを探す仕草を見て、気になったのか、一度ホテルに入ってから、また出てきてくれる。

「俺のあの黒い袋、Mちゃんもみたよね」と言うと、「チャムダーイ(覚えてるよ~)」とのことで、ホテルの中を見に行ってくれたが、「マイミー(なかったよ~)」って残念そうな感じ。

じゃあ、次はレインボー2だ、と行ってみた。入口のあんちゃんに、「さっき写真撮ってくれたの覚えてる?その時に黒い袋を忘れていかなかった」って聞いてみると、これがビンゴで、保管してくれていた。見つかるもんなんだなあって感激した。 

 

f:id:fatmantaka:20170625174408j:plain

グラシアス、アミーゴ!

 

6.テーメーカフェ→ホテルでハッスル

そして、本日ラストは、テーメーカフェ。ソイ15入口付近のルアムチットホテルの地下にある援交喫茶だ。 

テーメーカフェ 

 

今回、見つけたお相手は、Pちゃんという子、ショート3000Bで成立。

最初から、ちょっと、面倒くさい子だった。テーメーカフェのあるソイ15付近から、ホテルのあるソイ19まで、手をつないで、いちゃいちゃしながら、歩いて行きたかった。

のだが、「今日ハイヒールで歩くの大変なんです~。ソイ19まで日本人は「近い」って言うけど、やっぱり、遠いですよ。タクシーでいいですか?」と我ままスタート。

そして、タクシー拾って、サムズロッジまでのこんな近距離で100B払う。  

サムズロッジ

 

ホテルに着いたら着いたで、写真はいやということで、無理強いせず、そのため、もう顔が思い出せない。ネットに公開されるのが怖いって言ってた。

やっぱ、連れ出す前に何をしていいか確認しないダメだなあ。

Pちゃん、昼間は普通の仕事をしてるって言ってたから尚更、慎重になるのかな?

テーメーに来てる女の子って、けっこう今までも写真を撮らせてくれない場合があったもんな。

一緒に撮るんだったらいいじゃないとも言ってみたが、自分だけ目隠し線を入れるかもしれないからマイアオって言ってた。

日本語も自分で勉強していて、いい子だったんだけど、ハッスルもイマイチでちょっとがっかりしてしまった。途中までは、脱ぎっぷりもよかったし、シャワーも一緒、部屋も明るいままでOKと期待させたんだけど。

奥までは痛いとか言って、痛いって言われるのが一番つらくて、早く終わりにしてあげようとすると、かえってダメで・・・。

彼女に乳首★めしてもらいながら、ハンドでなんとかFINISH。

「イエイ」と彼女、すごく喜んでいた。ラインを教えてと言うと、近々、携帯を替えるので、ラインIDだけ教えときますとメモに書いてくれた。果たして本当のIDなのかわからないけど。

ショート3,000Bを渡して、一緒にTAXIを拾って欲しいから、送って行って下さいとかわいいことも言うので、ソイ19でタクシーを拾って、乗るまでを見届けた。

 

2017年4月 タイ旅行 4日目(5月1日) パタヤ~バンコク初日

1.パタヤからバンコクへのタクシー手配

今日は、このベストコーナーパタヤをチェックアウトして、バンコクへ移動する。

朝7時頃、お泊りしたランウェイのAちゃんが、タクシーを手配するため、どこかへ電話してくれている。バンコクからわざわざ来るらしい。せっかくやってくれてるから、何も言わず成り行きを見守る。料金は1,400Bでいいらしい。

今からバンコクをでるとのこと、ちょっと、不安だったが、とりあえず、ドライバーの電話番号だけ聞いておく。2時間かかるので、9時パタヤ着の予定だ。

ロングのチップを、「じゃあ、2000Bね」って渡したら、「ロングだから3000Bナ」と言われ、まあ、そうだろうなと思い、3000Bとプラス100Bを渡す。そして、Aちゃんは帰っていった。 

f:id:fatmantaka:20170615215426j:plain

8時半にチェックアウトして、ホテルのロビーで朝食。お値段120Bで、コーラは45B 

 

9時になったので、もうパタヤに近いのかどうかを確認するため、タクシードライバーに電話してみた。何か「メダイ」と言っている。

受付の女の子に電話を変わってもらって、話してもらったところ、なんと今からバンコクを出るので、あと2時間かかるとのこと。

じゃあ、パタヤに11時ってことじゃん。こりゃダメだと思って、キャンセルすると言ってもらった。そこがダメだよタイ人。 

そんなことで、結局、ホテルで車を手配してもらった。1,500Bでいいとのこと。来たのは、タクシーではなく、ハイラックスタイガー、ラッキーだった。 

なかなか、いい仕事をしてくれた、ベストコーナーパタヤの受付の女の子。 

f:id:fatmantaka:20170615215434j:plain

気さくないい感じの運転手だった。 

 

2.バンコク到着( BTSバンナー)→BTSアソークスクンビットソイ19のサムズロッジへ

f:id:fatmantaka:20170615215435j:plain

バンコクBTSバンナー駅までは1時間半で着いた。1500Bにプラス200Bチップをあげて、合計1700Bじゃいいでしょう。ここからは、BTSに乗りアソークへ移動する。 

 

BTSバンナー駅  

 

f:id:fatmantaka:20170615215439j:plain

BTSアソークで降り、ソイ19へ。 

 

BTSアソーク駅  

 

f:id:fatmantaka:20170615215441j:plain

f:id:fatmantaka:20170615215442j:plain

f:id:fatmantaka:20170615215443j:plain

f:id:fatmantaka:20170615215444j:plain

宿泊先のソイ19のサムズロッジまで歩いて5分で到着。 

3.スクンビットソイ19のサムズロッジにチェックイン 

今回の宿泊先、ソイ19のサムズロッジ 

 

f:id:fatmantaka:20170615215445j:plain

f:id:fatmantaka:20170615215448j:plain

f:id:fatmantaka:20170615215449j:plain

f:id:fatmantaka:20170615215450j:plain

チェックインして部屋に荷物を置く。こじんまりした窓のない閉塞感満載のお部屋。

Booking.comで予約、2泊で2018.38Bとこのロケーションとしては、格安だ。シャワーのお湯の出もいいし、ベッドもキレイで問題なし。

 

4.スクンビットソイ19のランドリーへ 

少し休憩してから、洗濯物を持って、事前にチェックしておいたランドリー屋へ向かう。サムズロッジからソイ19を北へ歩き、ヘルスランドの通りとの交差点を左折、ドリームホテル方向へ歩いてすぐ左側のところにあるはず。

ああ、暑くて苦しい。

交差点のところにマッサージ屋があったので、女の子に、「この辺にランドリー屋あるよね?」ってタイ語で「ミーラーンサクパーマイ」って聞いてみたら、最初は通じなかったのか、「マイミー」って言われたけど、 

f:id:fatmantaka:20170615215452j:plain

交差点を曲がった先の左手にランドリー屋がちゃんとあり、「あるじゃん」っていったら、「ああサクパーね」と分かってくれた。どうもサクパーの発音が最後が上がっていなくて分からなかったらしい。また、ひとつ学習した。

ランドリーはちょうど1キロで100B、でも明日の夕方6時の仕上がりらしい。まあ、仕方ない。 

 

5.スクンビットソイ19のマッサージ店でハッスル

f:id:fatmantaka:20170615215456j:plain

さっきの角のところのマッサージ屋へ歩いて行くと、ちょっと、かわいい子から誘われる。フットマッサージということで、入店。

雰囲気は普通のマッサージ屋の感じ。足を洗ってもらっていると、彼女がオイルマッサージの方が気持ちいいですよって言ってきて、じゃあ中間を取るという形でタイマッサージに変更した。

通された部屋はちょっと暗いシャワー付きの個室で、タイマッサージ用の服に着替えているとき、もしかしたらとエロな思いがよぎり、最終的にオイルマッサージにした。

シャワーを浴びてタオルをかけて待つ。うつ伏せになり、オイルマッサージが始まるとすぐにタオルは取られ、素っ裸状態。これで、エロサービスの誘いが来ないはずがない。

そして、うつ伏せからあお向けに。やはり、タオルなしで、すでにエロ状態。ここもマッサージしますかと白々しく、しかもかわいい声で聞いてきて、この状況で自分は断れない。

そして、ハッスル開始。キスは軽くさせてくれた。なんとかFINISHへ。一緒にシャワーを浴びてサバイサバイ。 

この子の名前は、Aちゃんで、やはり、イサーンのシーサケート出身の25歳とのこと。マッサージも普通に上手だったし、声がかわいいのが気に入った。

明日、洗濯物を取りに来たときに寄るからねと、またも守れるか分からない約束をしてしてしまった。 

 

6.スクンビットソイ24の陰毛カットしてくれる床屋

BTSアソークからプロンポンに移動。

BTSから直結のエンポリアムデパートの中を通って、ソイ24のエロマッサージ通りに出る。通りを奥に歩いて行くと、いつも通り、「オリエントマッサージ」のプーインがじゃれてくる。 

でも行き先は、「オリエントマッサージ」のお隣の、陰毛カット床屋だ。「アディクトマッサージ」からは、道路を挟んで左斜め前、ちょうどコーナー部に位置している 

 

このために、陰毛をモジャモジャにしてきた。

前と店の名前が違い、「ゴールドシップバーブル」に変わっていたので、念のため、店前での客待ちの子に、「ここ陰毛カットやってくれるんだよね?」と聞いてみると、「ダーイ」とニコニコして答えてくれた。とても笑顔がかわいい子。

じゃあこっちねって、前と変わらず、地下に下りていく。前に背中の毛を剃ってもらった床屋の部屋じゃなく、エロサービス部屋で、この子がカットしてくれるらしい。

「じゃあ、裸になってあお向けで寝てください」と言われカット開始。なんか普通の紙を切るようなハサミでチョキチョキやっていく。当然、息子を持って前後左右に動かしていくわけで、これだけでも十分エロサービスだなって思った。

でも、冷静に考えると、危険なことをやっている(やらせている)わけで、例え、出血するようなアクシデントもあっても、それは自分の責任。息子の周りは1.5ミリぐらいにキレイに仕上がり、サオの毛は、カミソリで剃ってもらった。

つくづく危ないことをやったと思うけど、無事終了したので、とりあえずヨシ。彼女曰く、けっこう、多くの日本人が入店して、同じサービスを求めるらしい。

彼女が「ブ★ージョブマイ?」って、遠慮がちに聞いてきたので、「タオライ?」って聞いたら、陰毛カット300Bとブ★ージョブ700Bの合計1,000Bとのこと。その控え目な感じにまたまたOKしてしまった。

陰毛とサオがキレイな状態でブロージョブ開始。でも、さっきマッサージ屋でハッスルしてきてるから、ちょっと元気にならない。でも彼女が下手なわけじゃないから、時間がかかるのが何だか申し訳ない。それでもなんとか、ブ★ージョブでFINISH。

いやあ、この短時間で2回できるとは思わなかった。 

彼女は、名前はBちゃんで、ナコーンパノム出身の30歳、ニーサイディーディー。終わった後も、外でタバコ吸ってると、水飲みますかって聞いてくれたり、一緒に記念撮影したり、ラインも交換成功。

よかったはよかったけど、今日この時点で2回もハッスルしてしまったわけで、夜はどうしようとそんなことで不安になる。 

 

7.スクンビットソイ11/1のマッサージ店

BTSでプロンポンからナナに移動。 

BTSナナ駅 

 

久しぶりに、Nちゃんに会いたくなって、スクンビットソイ11/1のマッサージ店に顔を出す。

フットマッサージ1時間をお願いする。マッサージ代300Bと、久しぶりだったので、チップ200Bをあげる。

Nちゃん、半ズボンの裾から手を入れてきて、息子にタッチしてきたが、いかんせん、直近で、2発打ち上げてきたばかりなので無理!。やんわりとお断りする。

話題を変えて、「焼いたエビをいっぱい食べたいが、どこかいい店知ってる?」って聞いてみると、客待ちの別のプーインが、「ペッブリー通りに、シーフードのブッフェがありますよ」と教えてくれる。

「俺一人じゃ行けないと思うし、行ってもつまらないから、仕事終わったら、一緒に行ってくれる?」とNちゃんを誘うと、即答でOKとのこと。

「私と友達、仕事は7時に終わるので、どこかで待ち合わせましょう」と話は、とんとん拍子に進んで行く。

ロビンソンのマクドナルドで待ち合わせることになった。 

 

8.ペッブリー通りのバーベキュー店でキンカオ(プーイン2人と一緒)

マッサージのプーイン2人と、ロビンソンのマクドナルドで無事合流し、ソイ19に出て、タクシーを拾い、ペッブリー通りのバーベキュー店へ向かう。

彼女達も、行くのは初めてのようで、タクシーの運ちゃんに、「アソーク通りからペッブリー通りに右折して、すぐ左側にあるバーベキュー店ね」っていう説明で、無事、目的地に到着する。 

「全家福」という店で、地図ではこの位置。 

 

f:id:fatmantaka:20170615215534j:plain

店の看板はこんな感じ。 

 

f:id:fatmantaka:20170615215517j:plain

お客さんは、ほぼタイ人。日本人はいなかったかな。ファランは数人見かけたが、タイ人の連れがいるようだった。

一言で言えば、タイ版の「すたみな太郎」で、お値段は一人399Bと安くもなく、高くもなくといった感じ。  

 

f:id:fatmantaka:20170615215509j:plain

エビを含むシーフード 

 

f:id:fatmantaka:20170615215531j:plain

各種肉類 

 

f:id:fatmantaka:20170615215530j:plain

野菜類 

 

f:id:fatmantaka:20170615215524j:plain

タイ料理のお惣菜 

 

f:id:fatmantaka:20170615215528j:plain

タイスイート 

 

f:id:fatmantaka:20170615215527j:plain

アイスクリーム 

 

一緒に行ったプーイン2人も楽しそうだ。タイ人って、ブッフェって好きだよね。 

f:id:fatmantaka:20170615215521j:plain

このエビのためにここに来たようなもの、たらふく頂いた。

こんなにシーフード食べて、下痢したらどうしようかという不安もよぎったが、パタヤで買った下痢薬もあるから、まあ大丈夫かな。 

 

f:id:fatmantaka:20170615215526j:plain

兵どもが夢の跡

 

食事後、このプーイン2人と共に、タクシーを拾い、ソイ19のサムズロッジまで送ってもらった。タクシー代40Bぐらい。

彼女たちは、BTSで帰宅すると言って、そのままアソーク駅方向へ歩いていった。

何だろう、このいい後味。ペイバーでもなく、エロもなく、食事をして別れるというこのシンプルな状況っていいなと思った。 

 

9.ソイカウボーイをうろうろ

いい後味、それはそれとして、ホテルで少し休んでから、ソイカウボーイへ出動する。

「ロングガン」のプーインにつかまる。手前のショートカットのかわいらしい子だ。今日は、ペイバーはしない予定なので、とりあえず、中に入ってみる。 

 

自分のコーラは160B

レディードリンクは200B

と、バカラ並の値段設定でちょっとビックリする。

やっぱりこの子達もイサーン出身で、ブリラム方面らしい。

中では、いわゆる、ピンポンショーが真っ最中、続いて、吹き矢ショーが始まる。店内に風船をふわふわさせて、それを狙って、マン圧で吹き矢が発射される。

ステージを囲むように客席が配置されており、客席の前にも風船が漂っている。いよいよ、自分の席の風船が狙われている。

テーブルの下に隠れてやり過ごす。女の子もキャアキャア言って楽しんでいる。 

f:id:fatmantaka:20170624173903j:plain

タバコを吸いたくなったので、ここらで、チェックビンして、外に出る。

女の子3人も、写真を撮らせてくれる約束してたので、外についてきてくれた。何気に3人共、体を隠しているのが、なんとも、かわいい。 

特にペイバーすることもなく、徒歩でホテルに戻り、眠りにつく。